■プロフィール

Author:まつり駿楽
血統、ベストパフォーマンス、実績の関係性を重視した競馬予想とクラシックの展望などをしています。2012年2月3日よりキルトクール株式会社の神官として入社し、twitterやmixiを密かに更新中。fc2小説ページにて執筆活動も展開しています。

http://twitter.com/MATSURIshunraku

http://mixi.jp/show_profile.pl?id=10577262

http://novel.fc2.com/user/7234617/

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

3月第2週の平地三重賞を回顧
今週は東西で桜花賞トライアルが組まれていたり、中京競馬の開催が始まったりした中央競馬。そういった中で、重賞の開催に関しては障害競走である阪神スプリングジャンプも含めて4つ行われましたが、この記事では平地の3戦のみを取り上げていくことにします。

※第53回金鯱賞

1着・ヤマカツエース(父キングカメハメハ)

2着・ロードヴァンドール(父ダイワメジャー)

3着・スズカデヴィアス(父キングカメハメハ)

ラップタイム・12.6 - 11.3 - 12.6 - 12.2 - 11.7 - 11.7 - 12.0 - 11.9 - 11.4 - 11.8

昨年までの12月開催から3月開催への移行を果たした、中京芝2000mのG2戦・金鯱賞。今年からG1に昇格した大阪杯の前哨戦に位置付けられ、勝った馬に大阪杯への優先出走権が与えられるようになりましたが、その3月開催初回となった今回のレースは、昨年12月の金鯱賞を勝利したヤマカツエースが、その時と同じように中団外からの差し切り勝ちを決めてみせました。今回は2着から5着までに入った馬が全て重賞未勝利馬となりましたが、最下位に沈んだパドルウィールを除いて1分59秒台で走破する混沌としたレースとなりました。その中にあって2着馬に対して1馬身4分の1の差をつけて勝利を収めたヤマカツエースは、昨年の有馬記念で4着に入ったことを踏まえると、十二分に芝2000m戦線のエース的存在になったとも考えられ、大阪杯においても積極的に狙ってみても良さそうな雰囲気があります。

※第51回フィリーズレビュー

1着・カラクレナイ(父ローエングリン)

2着・レーヌミノル(父ダイワメジャー)

3着・ゴールドケープ(父ワークフォース)

ラップタイム・12.0 - 10.2 - 11.3 - 12.0 - 11.8 - 11.7 - 12.0

桜花賞のトライアルレースとしては最終戦にあたるフィリーズレビュー。今回の勝ちタイムである1分21秒0はレースレコードとなりましたが、勝ったカラクレナイはローエングリン産駒としては3頭目の重賞勝ち馬にして、初めて芝1600m未満の重賞勝ち馬となりました。カラクレナイのキャリアを見ていくと、今回のレースも含めて4戦連続芝1400m戦ということで、桜花賞への出走が叶った場合は真っ先に距離延長に対する不安が先だつことになりますが、ローエングリン産駒による過去5回の重賞勝ちのうち、3回は桜花賞と同じ芝1600m戦なので、父系からは桜花賞の舞台は歓迎といった趣があります。また、二代母のレッドチリペッパーは1999年のNHKマイルCで3着に入ってきた馬なので、母系から判断しても桜花賞の適性は高く見積もれます。

※第35回中山牝馬S

1着・トーセンビクトリー(父キングカメハメハ)

2着・マジックタイム(父ハーツクライ)

3着・クインズミラーグロ(父マンハッタンカフェ)

ラップタイム・12.9 - 12.3 - 12.6 - 12.4 - 12.2 - 12.1 - 11.8 - 11.3 - 11.8

一線級を担ってきた牝馬にとっては引退レースに指名されやすいレースである中山牝馬S。今回は昨年重賞を2勝したマジックタイムなどが引退レースとしていましたが、道中内の3番手を追走してきたトーセンビクトリーが、2週間前の中山記念を制したネオリアリズムを彷彿とさせるような走りを見せ、マジックタイムの猛追をクビ差凌いで勝利を収めました。トーセンビクトリーは全兄にトゥザグローリー・トゥザワールドがいる超良血馬で、母トゥザヴィクトリーから3頭目の重賞勝ち馬が誕生することとなりましたが、ヴィクトリアマイルに向けては東京芝(0-0-0-3)というキャリアが大きなネックですし、今回のレース自体が展開利を存分に受ける格好にもなったことから、先々に向けて大きなことが言えるレースではなかったように感じています。

スポンサーサイト

テーマ:レース回顧 - ジャンル:ギャンブル

レース回顧(予想レース以外) | 17:42:27 | トラックバック(0) | コメント(0)

FC2Ad