FC2ブログ
 
■プロフィール

まつり駿楽

Author:まつり駿楽
血統、ベストパフォーマンス、実績の関係性を重視した競馬予想とクラシックの展望などをしています。2012年2月3日よりキルトクール株式会社の神官として入社。fc2小説ページの他、2019年11月2日より「駿楽牧場」にて執筆活動も展開しています。

http://twitter.com/MATSURIshunraku

http://mixi.jp/show_profile.pl?id=10577262

http://novel.fc2.com/user/7234617/

http://shunraku-bokujou.ldblog.jp/

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

第61回大阪杯の”三本柱”
今年からG1に昇格し、4月2日に行われる大阪杯。高松宮記念と桜花賞の間に行われる一戦であり、高松宮記念から皐月賞まで4週連続でG1開催という番組編成を作り出しました。今年に関してはフルゲートにならないレースであることが確定していますが、G1レースとしての歴史をどのように積み重ねていくのか、まずはG2時代の大阪杯において好走歴を多く重ねてきたものについて触れていくことにします。

1・格の積み重ね

直近3年のレースレーティングが115以上であったこと等により、今年からG1に昇格した大阪杯ですが、2013年から毎年連対馬を輩出しているのが”芝2000m超のG1勝ち馬(※)”、もしくは”前年の重賞において2戦以上連続して掲示板を確保してきた馬(◇)”となっています。

(※…3頭)

(◇…4頭)

2・G1連対

平成に入ってからの大阪杯においては、クラシックの優勝馬が10回勝利を収めていますが、14年連続3着以内入線馬を輩出しているのが”前年のG1連対馬(※)”です。

(※…7頭)

3・重賞連続好走

1のデータの中で、”前年の重賞において2戦以上連続して掲示板を確保してきた馬”が連対馬候補として選べるという内容のことを書きましたが、その中身をもう少し精査していくと、”前年の重賞において2戦以上連続して3着以内に入った馬(※)”が10年連続3着以内入線馬を輩出しています。

(※…7頭)

☆昨年の上位3頭

1着・アンビシャス(1・3に該当)

2着・キタサンブラック(1・2・3に該当)

3着・ショウナンパンドラ(1・2・3に該当)

昨年は11頭立てのレースになる中で5頭がG1馬だった大阪杯。その5頭を退けて大阪杯を制したのが、当時重賞勝ちがラジオNIKKEI賞のみだったアンビシャスでしたが、アンビシャスは大阪杯の一つ前に出走した中山記念において同期の春クラシック二冠馬ドゥラメンテに次ぐ2着に入り、素質開花の感がありました。残念ながら、昨年の大阪杯を勝利したアンビシャスはG1で未だに3着以内入線実績がありませんが、2007年以降に4歳馬で大阪杯を制した馬は自身を含めて6頭おり、3歳時に海外遠征を経験したキズナを除いた5頭が後にG1で3着以内入線実績を一度は積んでいることから、1年ぶりの舞台でいきなり結果を残してくる可能性は高く見積もった方が良いかもしれません。

☆今年の登録馬とデータマッチ

※1に該当

・芝2000m超のG1勝ち馬

キタサンブラック、サトノクラウン、マカヒキ

・前年の重賞において2戦以上連続して掲示板を確保してきた馬

アンビシャス、キタサンブラック、ステファノス、ディーマジェスティ、ディサイファ、マカヒキ、ミッキーロケット、モンドインテロ、ヤマカツエース

※2に該当

・前年のG1連対馬

キタサンブラック、サトノクラウン、ディーマジェスティ、マカヒキ

※3に該当

・前年の重賞において2戦以上連続して3着以内に入った馬

アンビシャス、キタサンブラック、ステファノス、ディーマジェスティ、マカヒキ

※該当なし

アングライフェン、サクラアンプルール、スズカデヴィアス、マルターズアポジー、ロードヴァンドール

スポンサーサイト



テーマ:中央競馬 - ジャンル:ギャンブル

レース展望 | 22:28:55 | トラックバック(0) | コメント(0)