■プロフィール

まつり駿楽

Author:まつり駿楽
血統、ベストパフォーマンス、実績の関係性を重視した競馬予想とクラシックの展望などをしています。2012年2月3日よりキルトクール株式会社の神官として入社し、twitterやmixiを密かに更新中。fc2小説ページにて執筆活動も展開しています。

http://twitter.com/MATSURIshunraku

http://mixi.jp/show_profile.pl?id=10577262

http://novel.fc2.com/user/7234617/

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

【9着VS1着】 第77回皐月賞回顧
昨年に続いて1分57秒台の決着となった皐月賞でしたが、終わってみれば、日本競馬の大黒柱である”ノーザンファーム生産のディープインパクト産駒”が、昨年のリベンジを果たす格好となりました。

1着・アルアイン(父ディープインパクト)

2着・ペルシアンナイト(父ハービンジャー)

3着・ダンビュライト(父ルーラーシップ)

(予想記事・2017年・七の予想 「第77回皐月賞」(◎カデナ)

※超高速皐月賞で輝く才

2017年のラップタイム・12.1 - 10.8 - 12.2 - 11.7 - 12.2 - 12.4 - 11.9 - 11.4 - 11.4 - 11.7

2016年のラップタイム・12.0 - 10.7 - 11.5 - 11.7 - 12.5 - 11.5 - 12.4 - 12.2 - 11.6 - 11.8

昨年、初めて1分57秒台の決着を見た皐月賞でしたが、今年はその時の走破時計よりもさらにコンマ1秒速い時計で決着がつきました。その上で、1分59秒0以内で走破した馬が昨年は7着までの馬だったのに対し、今年は15着までに入った馬が1分59秒0以内で走破しており、昨年以上に中山競馬場が高速仕様の馬場になっていたということが窺えます。

そんな中、今回の上位2頭はいずれも阪神芝外回りの3歳重賞を勝ち上がってきた馬たちでしたが、2着に入ったペルシアンナイトは昨年の菊花賞で2着に入ったレインボーラインと同じように皐月賞現役最多勝騎手のミルコ・デムーロ騎手を背にアーリントンCを勝ち上がってきた馬で、今回はその継続騎乗が功を奏したといった感じの内からの強襲を決めてみせました。そのさらに上を行ったのが毎日杯優勝からの参戦だったアルアインでしたが、日本ダービーを制したキズナと同じように1分46秒台で毎日杯を勝った能力の高さは伊達ではなかったといったところであり、そこにクラシックを得意としているノーザンファームの地力が加わっての勝利という趣がありました。

◎・カデナ(9着)

今回は21年ぶりに皐月賞トライアル優勝馬が1頭も3着以内に入ってこられないレースになりましたが、端的に言ってしまえば、トライアル戦のレベル、時計が悪かったということに尽きる内容でした。その上で、弥生賞優勝馬であるカデナについては常に後手に回る競馬になったことが今回の着順を招いたように見受けられますが、勝ち馬とのタイム差が0秒5となっていることから、日本ダービーに向けての逆転の余地はまだあるように感じています。

キルトクール・アルアイン(1着・(/´△`\) ナンテコッタイドンガバチョ!)

今回騎乗していた松山弘平騎手にとっては毎日杯に続く重賞制覇であること以上に、平成生まれのJRA騎手として初めてのG1制覇を果たすことになったアルアインの皐月賞制覇でしたが、2歳時に挙げた2勝はいずれも外国人騎手が跨ってのものであり、外国人騎手が勝利に貢献した馬たちによるワンツーフィニッシュにもなっていました。アルアインの場合は、1勝目、2勝目共に短期免許でやってきた騎手で勝利を収めており、外国人騎手の導きなくして日本のクラシックは成り立たないと言っても過言ではなくなりつつありますが、ともあれ平成生まれのJRA騎手が初めてのG1制覇を果たしたことによって、日本の騎手事情がどう変化していくのかは、大いに注目していきたいところです。

一方で、キルトクール指名馬による皐月賞制覇が昨年に続いて3回目となりましたが、キルトクール指名馬による皐月賞制覇を果たした過去の2頭は、日本ダービーにおいては連対できていません。その意味では、アルアインの日本ダービー制覇は黄色信号が灯ったとも思えますが、前述の”外国人騎手が勝利に貢献した馬”という観点から軽視するのは難しいとも感じています。(単勝2240円、複勝650円)

スポンサーサイト

テーマ:レース回顧 - ジャンル:ギャンブル

レース回顧(予想レース) | 16:59:01 | トラックバック(0) | コメント(0)
2017年・七の予想 「第77回皐月賞」(◎カデナ)
発走まで4時間を切った皐月賞。今回の予想は、本命馬を”ただの主軸”と判断した上で勝負をいたします。

(展望記事・第77回皐月賞の”三本柱”

(参考まとめ記事・レース参考まとめ「第77回皐月賞」

【データルール1・展望記事で該当していたデータの項目番号を、印の横の「」内に記載】

【データルール2・[レ]のデータにおいて出走馬中3頭以下が該当するものであれば、そのデータに”下線”を、1頭のみのものは”【】”を加える】

1枠1番・マイスタイル(…)「なし」

+・3年連続3着以内入線馬輩出中の”3歳オープンクラスを2戦以上使って、いずれも掲示板を確保してきた馬”[レ]

-・【弥生賞2着馬による3着以内入線は2005年3着のアドマイヤジャパン以来なし[レ]】、連勝経験のない馬による連対は中山開催においては2010年2着のヒルノダムール以来なし[レ]

前走の2着は展開利を最大限生かしたレースのように思われ、走力不足と見て無印評価です。

1枠2番・スワーヴリチャード(△)「なし」

+・【6年連続3着以内入線馬を輩出している”東京芝重賞勝ち馬”[レ]】、7年連続連対馬輩出中の”3歳初戦に重賞を使って連対した馬”[レ]、7年連続連対馬輩出中の”デビューから3か月以内に3戦以上使い、かつ連対率が100%の馬”[レ]、5年連続連対馬輩出中の”非根幹距離の3歳戦を勝ち上がっている、父が中山芝G1で勝ち鞍のある馬”[レ]

-・連勝経験のない馬による連対は中山開催においては2010年2着のヒルノダムール以来なし[レ]

ここ最近の共同通信杯優勝馬とは趣が異なると見て評価を下げましたが、共同通信杯のパフォーマンス自体は世代屈指の実力の持ち主と見て、連下の1頭に据えました。

2枠3番・コマノインパルス(…)「2」

+・7年連続連対馬輩出中の”デビューから3か月以内に3戦以上使い、かつ連対率が100%の馬”[レ]、7年連続連対馬輩出中の”3歳初戦に重賞を使って連対した馬”[レ]

-・”オープンクラスの3歳戦を2戦以上使い、その中で1戦以上着外があった馬”による3着以内入線は2008年2着のタケミカヅチ以来なし[レ]、重賞で6着以下の経験を持つ連対馬は2008年2着のタケミカヅチ以来なし[レ]、連勝経験のない馬による連対は中山開催においては2010年2着のヒルノダムール以来なし[レ]

京成杯を勝った後に敗戦というローテーションからクラシックの好走を望むのは酷と見ています。

2枠4番・カデナ(◎)「1・2・3」

+・7年連続連対馬輩出中の”3歳初戦に重賞を使って連対した馬”[レ]、7年連続連対馬輩出中の”デビューから3か月以内に3戦以上使い、かつ連対率が100%の馬”[レ]、4年連続連対馬輩出中の”中60日以上のレース間隔で連勝実績を持っている馬”[レ]

-・500万下の条件戦を初出走で勝てなかった馬による連対は2007年2着のサンツェッペリン以来なし[レ]、前走芝2000m以上で勝利した馬による勝利は2010年1着のヴィクトワールピサ以来なし[レ]

ローテーション的には最も理想的な形を踏めているのがこの馬ですし、皐月賞制覇に向けて理想的な血統構成を持っていることから本命に推しましたが、今回の皐月賞はこのカデナを打ち負かして皐月賞馬になる馬を探すレースだと考えています。

3枠5番・レイデオロ(○)「1・2」

+・4年連続優勝馬輩出中の”500万下以下のクラスで勝利直後に重賞で連対した関東馬”[レ]、7年連続連対馬輩出中の”デビューから3か月以内に3戦以上使い、かつ連対率が100%の馬”[レ]、6年連続3着以内入線馬輩出中の”デビュー戦を勝利した、日本ダービー馬の産駒”[レ]、3年連続3着以内入線馬輩出中の”デビューから3戦以内で500万下戦を勝ち上がってきた馬”[レ]

-・前走芝2000m以上で勝利した馬による勝利は2010年1着のヴィクトワールピサ以来なし[レ]

ホープフルS優勝からの出世を望むには今回の直行ローテーションが理想と判断し、”打倒カデナ”の筆頭格に据えました。また、先週のソウルスターリングで失敗したコンビが雪辱を期すという部分でも気になる存在です。

3枠6番・アウトライアーズ(…)「なし」

+・4年連続優勝馬輩出中の”500万下以下のクラスで勝利直後に重賞で連対した関東馬”[レ]、7年連続連対馬輩出中の”3歳初戦に重賞を使って連対した馬”[レ]

-・500万下の条件戦を初出走で勝てなかった馬による連対は2007年2着のサンツェッペリン以来なし[レ]、連勝経験のない馬による連対は中山開催においては2010年2着のヒルノダムール以来なし[レ]

デビュー以来、田辺裕信騎手とコンビを組み続けてきたのは好印象ですが、強烈な決め手を持っているとは言い難く、無印です。

4枠7番・ペルシアンナイト(…)「なし」

+・3年連続3着以内入線馬輩出中の”デビューから3戦以内で500万下戦を勝ち上がってきた馬”[レ]、3年連続3着以内入線馬輩出中の”3歳オープンクラスを2戦以上使って、いずれも掲示板を確保してきた馬”[レ]

-・【朝日杯フューチュリティS以外の芝1600m重賞勝ち馬による連対は2008年優勝のキャプテントゥーレ以来なし[レ]】、連勝経験のない馬による連対は中山開催においては2010年2着のヒルノダムール以来なし[レ]

前走アーリントンCの内容はなかなか秀逸でしたが、日本のクラシックにおいてハービンジャー産駒は映えないと見て、無印としました。

4枠8番・ファンディーナ(▲)「1・2」

+・7年連続連対馬輩出中の”デビューから3か月以内に3戦以上使い、かつ連対率が100%の馬”[レ]、5年連続連対馬輩出中の”非根幹距離の3歳戦を勝ち上がっている、父が中山芝G1で勝ち鞍のある馬”[レ]、6年連続3着以内入線馬輩出中の”デビュー戦を勝利した、日本ダービー馬の産駒”[レ]、3年連続3着以内入線馬輩出中の”デビューから3戦以内で500万下戦を勝ち上がってきた馬”[レ]

-・【皐月賞トライアル以外で中山芝のレースを勝ち上がっている関西馬による連対は1999年2着のオースミブライト以来なし[レ]】

ディープインパクト産駒によるG1勝ちは牝馬の方が圧倒的に多く、その観点から今回の皐月賞制覇は何ら不思議のないものと見ています。

5枠9番・プラチナヴォイス(…)「1」

+・3年連続3着以内入線馬輩出中の”3歳オープンクラスを2戦以上使って、いずれも掲示板を確保してきた馬”[レ]

-・近2走で勝利なしの馬による連対は2008年1着のキャプテントゥーレ、同年2着のタケミカヅチ以来なし[レ]、重賞で6着以下の経験を持つ連対馬は2008年2着のタケミカヅチ以来なし[レ]、2歳戦最終戦で負けてしまった重賞未勝利馬による連対は2010年2着のヒルノダムール以来なし[レ]

血統的な伸び代があるとは言い難く、低評価です。

5枠10番・ダンビュライト(…)「なし」

+・3年連続3着以内入線馬輩出中の”3歳オープンクラスを2戦以上使って、いずれも掲示板を確保してきた馬”[レ]

-・近2走で勝利なしの馬による連対は2008年1着のキャプテントゥーレ、同年2着のタケミカヅチ以来なし[レ]、重賞で6着以下の経験を持つ連対馬は2008年2着のタケミカヅチ以来なし[レ]、連勝経験のない馬による連対は中山開催においては2010年2着のヒルノダムール以来なし[レ]、2歳戦最終戦で負けてしまった重賞未勝利馬による連対は2010年2着のヒルノダムール以来なし[レ]

牝系で見ると時計のかかる馬場が得意といった趣で、高速決着が予想される今回の舞台で好走するのは極めて難しいと見ています。

6枠11番・アルアイン(キルトクール)「1」

+・5年連続連対馬輩出中の”非根幹距離の3歳戦を勝ち上がっている、父が中山芝G1で勝ち鞍のある馬”[レ]、6年連続3着以内入線馬輩出中の”デビュー戦を勝利した、日本ダービー馬の産駒”[レ]、3年連続3着以内入線馬輩出中の”デビューから3戦以内で500万下戦を勝ち上がってきた馬”[レ]

-・”オープンクラスの3歳戦を2戦以上使い、その中で1戦以上着外があった馬”による3着以内入線は2008年2着のタケミカヅチ以来なし[レ]、重賞で6着以下の経験を持つ連対馬は2008年2着のタケミカヅチ以来なし[レ]

前走毎日杯において8頭立ての少頭数でありながら1分46秒台で走破したことに対して評価は高く、ついに平地のJRA・G1において平成生まれの騎手が勝つチャンスが来たようにも感じていますが、他のディープインパクト産駒と比べてピークが遅く感じられ、今回のレースで好走するのは時期尚早という判断を重んじてキルトクールとしました。

6枠12番・アメリカズカップ(…)「なし」

+・6年連続3着以内入線馬輩出中の”二つの異なる距離のレースで連勝した馬”[レ]、7年連続連対馬輩出中の”3歳初戦に重賞を使って連対した馬”[レ]、5年連続連対馬輩出中の”非根幹距離の3歳戦を勝ち上がっている、父が中山芝G1で勝ち鞍のある馬”[レ]、4年連続連対馬輩出中の”中60日以上のレース間隔で連勝実績を持っている馬”[レ]

-・重賞で6着以下の経験を持つ連対馬は2008年2着のタケミカヅチ以来なし[レ]

きさらぎ賞の勝ち方が平凡で、世代のトップを担うのは厳しいと見ました。

7枠13番・サトノアレス(…)「1・2」

+・6年連続3着以内入線馬輩出中の”二つの異なる距離のレースで連勝した馬”[レ]、4年連続優勝馬輩出中の”500万下以下のクラスで勝利直後に重賞で連対した関東馬”[レ]、4年連続連対馬輩出中の”中60日以上のレース間隔で連勝実績を持っている馬”[レ]

-・【3歳初戦を勝てなかった前年の朝日杯フューチュリティS優勝馬による3着以内入線は、2009年3着のセイウンワンダー以来なし[レ]】

距離を伸ばして良績を残せるタイプではないと見て、無印です。

7枠14番・キングズラッシュ(…)「1」

+・4年連続連対馬輩出中の”中60日以上のレース間隔で連勝実績を持っている馬”[レ]

-・2歳戦最終戦で負けてしまった重賞未勝利馬による連対は2010年2着のヒルノダムール以来なし[レ]

レイデオロ以上にブランクのあるこの馬ですが、今までのキャリアを見る限りではスピード不足の感が否めません。

7枠15番・アダムバローズ(…)「1」

+・3年連続3着以内入線馬輩出中の”デビューから3戦以内で500万下戦を勝ち上がってきた馬”[レ]

-・”オープンクラスの3歳戦を2戦以上使い、その中で1戦以上着外があった馬”による3着以内入線は2008年2着のタケミカヅチ以来なし[レ]、前走芝2000m以上で勝利した馬による勝利は2010年1着のヴィクトワールピサ以来なし[レ]、重賞で6着以下の経験を持つ連対馬は2008年2着のタケミカヅチ以来なし[レ]、2歳戦最終戦で負けてしまった重賞未勝利馬による連対は2010年2着のヒルノダムール以来なし[レ]

今回の出走馬の中では最多勝となる4勝をマークしている馬ですが、着外となった2戦が共に重賞であり、実力不足の感があると見ています。

8枠16番・クリンチャー(…)「なし」

+・6年連続3着以内入線馬輩出中の”二つの異なる距離のレースで連勝した馬”[レ]

-・【芝2000m超の勝ち鞍のある馬による3着以内はなし[レ]】、前走芝2000m以上で勝利した馬による勝利は2010年1着のヴィクトワールピサ以来なし[レ]

スピリッツミノル以来となる芝オープン勝ちのディープスカイ産駒ですが、言い方を変えれば、クラシックでは出番のない競走馬ということで消しです。

8枠17番・ウインブライト(△)「1・2」

+・4年連続優勝馬輩出中の”500万下以下のクラスで勝利直後に重賞で連対した関東馬”[レ]

-・500万下の条件戦を初出走で勝てなかった馬による連対は2007年2着のサンツェッペリン以来なし[レ]

スプリングS勝利に対する評価の仕方がやや難しいですが、その見極めを行うことも含めて優勝候補の1頭として評価をすることにしました。

8枠18番・トラスト(…)「2」

+・3年連続3着以内入線馬輩出中の”3歳オープンクラスを2戦以上使って、いずれも掲示板を確保してきた馬”[レ]

-・近2走で勝利なしの馬による連対は2008年1着のキャプテントゥーレ、同年2着のタケミカヅチ以来なし[レ]、連勝経験のない馬による連対は中山開催においては2010年2着のヒルノダムール以来なし[レ]

中央入りを果たしてから迷走の感があり、クラシック向きの走りをしてきたわけでもないことから、無印評価です。



複勝

カデナ

馬連(ながし)

(軸)カデナ

(相手)レイデオロ、ファンディーナ、ウインブライト

ワイド(ながし)

(軸)カデナ

(相手)レイデオロ、スワーヴリチャード

三連単(フォーメーション)

(1着)レイデオロ、ファンディーナ、ウインブライト

(2着)カデナ

(3着)レイデオロ、ファンディーナ、スワーヴリチャード

☆勝負のワンツースリー

レイデオロ→カデナ→スワーヴリチャード

テーマ:中央競馬(JRA)予想 - ジャンル:ギャンブル

2017年のレース予想 | 11:54:41 | トラックバック(0) | コメント(0)

FC2Ad