■プロフィール

まつり駿楽

Author:まつり駿楽
血統、ベストパフォーマンス、実績の関係性を重視した競馬予想とクラシックの展望などをしています。2012年2月3日よりキルトクール株式会社の神官として入社し、twitterやmixiを密かに更新中。fc2小説ページにて執筆活動も展開しています。

http://twitter.com/MATSURIshunraku

http://mixi.jp/show_profile.pl?id=10577262

http://novel.fc2.com/user/7234617/

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

7月2日の重賞回顧
今週から下半期の開催が始まった中央競馬。今週は福島と中京で芝の重賞が開催されましたが、ひょっとするとG1で通用するではないかと考えさせられる2重賞となりました。

※第53回CBC賞

1着・シャイニングレイ(父ディープインパクト)

2着・セカンドテーブル(父トワイニング)

3着・アクティブミノル(父スタチューオブリバティ)

ラップタイム・12.0 - 10.5 - 10.7 - 11.1 - 11.1 - 12.6

前日の道悪馬場から良馬場に回復したものの、レース直前に大雨にたたられたサマースプリントシリーズ2戦目のCBC賞。レースでは2番手追走のセカンドテーブルが逃げたアクティブミノルをかわして押し切りを図ろうとしていましたが、道中後方から3頭目のレースとなったシャイニングレイが直線大外から脚を伸ばしていき、ゴール寸前ハナ差交わして勝利を収めました。安土城SとCBC賞の連勝というと2年前の優勝馬であるウリウリと同じですが、ウリウリは2戦共に後方から差し切り勝ちだったのに対し、今回のシャイニングレイは安土城Sを先行押し切りで勝っており、脚質転換に成功したことを考えると、まだ伸び代があるように思われます。

※第66回ラジオNIKKEI賞

1着・セダブリランテス(父ディープブリランテ)

2着・ウインガナドル(父ステイゴールド)

3着・ロードリベラル(父ブレイクランアウト)

ラップタイム・12.6 - 10.9 - 11.8 - 12.2 - 12.0 - 11.7 - 11.9 - 11.6 - 11.9

上位3頭が1分46秒台で走破したラジオNIKKEI賞。勝ったセダブリランテスは中山ダート1800m、新潟芝外回り1800mに続いて1800m戦を3戦全勝とすることになりましたが、ディープインパクトを父に持つ半兄モンドインテロも1勝目と2勝目はセダブリランテスと同じで、その後は芝2400m以上のレースで4勝をマークしています。その意味では、セダブリランテスが菊花賞の有力候補に躍り出そうな雰囲気もあり、今後に注目したい存在です。

スポンサーサイト

テーマ:レース回顧 - ジャンル:ギャンブル

レース回顧(予想レース以外) | 17:45:28 | トラックバック(0) | コメント(0)

FC2Ad