■プロフィール

まつり駿楽

Author:まつり駿楽
血統、ベストパフォーマンス、実績の関係性を重視した競馬予想とクラシックの展望などをしています。2012年2月3日よりキルトクール株式会社の神官として入社し、twitterやmixiを密かに更新中。fc2小説ページにて執筆活動も展開しています。

http://twitter.com/MATSURIshunraku

http://mixi.jp/show_profile.pl?id=10577262

http://novel.fc2.com/user/7234617/

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

【0頭】 第53回函館記念回顧
前走着外の馬による上位独占が果たされた今年の函館記念。しかし、格という点ではいずれもG2以上の馬が結果を残すことになり、G3以下の凡走馬の出番は全くありませんでした。

1着・ルミナスウォリアー(父メイショウサムソン)

2着・タマモベストプレイ(父フジキセキ)

3着・ヤマカツライデン(父シンボリクリスエス)

(予想記事・実験予想・2017年#1 「第53回函館記念」

ラップタイム・12.5 - 11.1 - 12.0 - 12.4 - 12.6 - 12.3 - 12.1 - 12.2 - 11.8 - 12.2

今回勝利を収めたルミナスウォリアーは前走3月の金鯱賞で5着になった馬で、その時以来の実戦となりました。北海道におけるレースも初めてで、未知数なところがありましたが、3か月以上の休み明けでは(2-2-0-0)としてきたキャリアがそのまま生きた格好で、見事な重賞初制覇を果たすこととなりました。

※”大黒柱”の結果

10年連続連対馬輩出中の”前走、5月以降のG3以下のレースにおいて3着以下に敗れた馬”

→3着以内入線・0、最高着順・7着(ナリタハリケーン)

一方で、今回データの柱に据えた”前走、5月以降のG3以下のレースにおいて3着以下に敗れた馬”については巴賞で3着に敗れていたナリタハリケーンが7着に来たのが最高で、巴賞で先着を許した2頭に再び後れを取る結果となりました。今回は函館開催が北海道開催の前半に持ち込まれた1997年以降では初めて重馬場のレースとなり、いつもとは異なるタイプの馬が来やすくなった側面はありますが、今回の上位3頭はここ2戦続けてG2以上のレースを使い、少なくとも一度は人気より上の着順の結果を残していたことから、単純にデータに該当していた馬が力負けを喫した印象は拭えないところがあります。

スポンサーサイト

テーマ:レース回顧 - ジャンル:ギャンブル

レース回顧(予想レース) | 18:02:42 | トラックバック(0) | コメント(0)

FC2Ad