FC2ブログ
 
■プロフィール

まつり駿楽

Author:まつり駿楽
血統、ベストパフォーマンス、実績の関係性を重視した競馬予想とクラシックの展望などをしています。2012年2月3日よりキルトクール株式会社の神官として入社。fc2小説ページの他、2019年11月2日より「駿楽牧場」にて執筆活動も展開しています。

http://twitter.com/MATSURIshunraku

http://mixi.jp/show_profile.pl?id=10577262

http://novel.fc2.com/user/7234617/

http://shunraku-bokujou.ldblog.jp/

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

9月第2週の重賞回顧
今週から舞台が中山と阪神に移り、秋競馬の開幕を迎えた中央競馬。重賞の開催としては、土曜日に中山において秋華賞トライアルが、日曜日に東西でサマーシリーズの最終戦が組まれていましたが、今週の3重賞は今後の大一番に繋がっていくのでしょうか。

※第2回紫苑S

1着・ディアドラ(父ハービンジャー)

2着・カリビアンゴールド(父ステイゴールド)

3着・ポールヴァンドル(父ダイワメジャー)

ラップタイム・12.3 - 11.4 - 12.3 - 12.5 - 12.8 - 12.3 - 11.9 - 11.5 - 11.4 - 11.4

重賞としての開催は2回目となった秋華賞トライアル・紫苑S。今年は1着から3着までハナ差の決着となりましたが、オークスで4着になったディアドラが、かもめ島特別でそれぞれ1着、2着となったポールヴァンドル、カリビアンゴールドとの競り合いを制して勝利を収めました。後半1000mのラップタイムでは昨年よりも1秒以上速いものとなり、上がり3ハロンで見ても現行条件となった2007年以降では最速のものとなりましたが、1着から9着の馬までが上がり3ハロンで35秒0以内の速い脚を使っており、G1を展望する意味では微妙なパフォーマンスであると感じます。

※第31回セントウルS

1着・ファインニードル(父アドマイヤムーン)

2着・ラインミーティア(父メイショウボーラー)

3着・ダンスディレクター(父アルデバラン)

ラップタイム・12.2 - 10.8 - 10.8 - 11.1 - 11.1 - 11.5

出走馬14頭中12頭が上がり3ハロンを34秒0以内で走破していったサマースプリントシリーズ最終戦のセントウルS。勝利を収めたファインニードルは上がり3ハロン33秒4の脚を使って2着馬に1馬身4分の1の差をつけましたが、今回のレースも含めて芝1200m戦においては4戦続けて1分7秒台で走破しており、今が充実期といった趣があります。一方で、サマースプリントシリーズにおける優勝争いは、このレースで2着に入ったラインミーティアが制することになりましたが、セントウルSにおいては過去5年のうち3回においてラインミーティアが勝利したアイビスサマーダッシュの連対経験馬が連対しており、来年以降のセントウルSに向けて覚えておきたいポイントです。

※第62回京成杯オータムハンデ

1着・グランシルク(父ステイゴールド)

2着・ガリバルディ(父ディープインパクト)

3着・ダノンリバティ(父キングカメハメハ)

ラップタイム・12.5 - 10.9 - 11.2 - 11.2 - 11.3 - 11.5 - 11.6 - 11.4

サマーマイルシリーズ史上初めて同点優勝という決着を迎えた京成杯オータムハンデ。その勝者であるグランシルクは10度目の重賞挑戦で初めて重賞制覇を果たすことになりましたが、中山芝1600mの京成杯オータムハンデにおいて1分31秒台で走破して勝利を収めた馬は過去3頭おり、グランシルクと同じ牡馬2頭が同年のマイルCSにおいて連対実績を残していることから、グランシルクにも同じ期待をかけておきたいところです。

テーマ:レース回顧 - ジャンル:ギャンブル

レース回顧(予想レース以外) | 19:25:31 | トラックバック(0) | コメント(0)
9月第1週の重賞回顧
3か月近くにわたって行われた夏競馬も今週が最終週となりました。そんな今週は土曜、日曜合わせて3つの重賞が組まれていましたが、この3つの重賞を簡単に振り返っておこうと思います。

※第52回札幌2歳S

1着・ロックディスタウン(父オルフェーヴル)

2着・ファストアプローチ(父Dawn Approach)

3着・ダブルシャープ(父ベーカバド)

ラップタイム・12.7 - 12.0 - 12.5 - 12.6 - 12.6 - 12.4 - 12.3 - 11.9 - 12.4

札幌の新馬勝ち馬が1頭も出走していなかった今年の札幌2歳S。札幌競馬場の良馬場で勝ちタイムが1分51秒台になったのはオリエンタルロックが勝利した2007年以来10年ぶりのこととなりますが、今回勝利を収めたロックディスタウンは新潟芝1800mの新馬戦を勝ち上がってきた馬で、全く異なる条件の芝1800m戦を連勝する形になりました。北海道以外の芝1800m戦でデビュー勝ちを収めて札幌2歳Sを制覇した例というと2008年のロジユニヴァースと同じで、ロジユニヴァースは後に日本ダービー制覇を果たしたことから、今回勝利のロックディスタウンにも3歳G1制覇の期待をかけておきたいところです。

※第37回小倉2歳S

1着・アサクサゲンキ(父Stormy Atlantic)

2着・アイアンクロー(父アドマイヤムーン)

3着・バーニングペスカ(父パイロ)

ラップタイム・11.8 - 10.2 - 11.3 - 11.6 - 12.0 - 12.2

良馬場のレースとしては8年ぶりに1分9秒台の決着となった小倉2歳S。勝利を収めたアサクサデンキは5年ぶりに外国産馬による小倉2歳S制覇を果たしましたが、ここ5年続けて無敗馬による勝利が続いた小倉2歳Sにおいてレース前に二度の敗戦を経験してきたアサクサゲンキは異例の存在であり、ちょっと将来を読みにくいところがあります。

※第53回新潟記念

1着・タツゴウゲキ(父マーベラスサンデー)

2着・アストラエンブレム(父ダイワメジャー)

3着・カフジプリンス(父ハーツクライ)

ラップタイム・12.9 - 10.9 - 11.4 - 11.7 - 12.1 - 12.3 - 12.0 - 11.4 - 11.2 - 12.0

勝ち馬から15着の馬まで1秒以内に収まったサマー2000シリーズ最終戦・新潟記念。今回勝利を収めたタツゴウゲキは今年のサマー2000シリーズにおいて七夕賞6着、小倉記念1着としてきた上での参戦で、今回の勝利でシリーズポイントを21としてサマー2000シリーズ優勝馬となりました。新潟記念を制した上でサマー2000シリーズ制覇を成し遂げたのは2014年のマーティンボロ以来6頭目となりましたが、キャリア5勝の全てが芝2000m戦であるタツゴウゲキはまさに芝2000m戦のスペシャリストといった感じで、G1級の馬と対決をしてもなお上位争いができるようならば、天皇賞【秋】制覇も視野に入れていいかもしれません。

テーマ:レース回顧 - ジャンル:ギャンブル

レース回顧(予想レース以外) | 21:11:44 | トラックバック(0) | コメント(0)
前のページ