FC2ブログ
 
■プロフィール

まつり駿楽

Author:まつり駿楽
血統、ベストパフォーマンス、実績の関係性を重視した競馬予想とクラシックの展望などをしています。2012年2月3日よりキルトクール株式会社の神官として入社。fc2小説ページの他、2019年11月2日より「駿楽牧場」にて執筆活動も展開しています。

http://twitter.com/MATSURIshunraku

http://mixi.jp/show_profile.pl?id=10577262

http://novel.fc2.com/user/7234617/

http://shunraku-bokujou.ldblog.jp/

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

札幌記念以外の8月後半の重賞回顧
今週が夏競馬最終週となる中央競馬。そして、今日で8月が終わりとなりますが、今年の8月の競馬に関しては、上がり馬が少なかったように見受けられました。これが来月以降にどういった影響をもたらすのか気になるところですが、8月後半に行われた重賞勝ち馬は今後どういったキャリアを積んでいくのか、予想を行った札幌記念以外の8月後半の重賞について振り返っておこうと思います。

※第54回北九州記念

1着・ダイメイプリンセス(父キングヘイロー)

2着・ディアンドル(父ルーラーシップ)

3着・アンヴァル(父ロードカナロア)

ラップタイム・11.5 - 10.1 - 11.1 - 11.7 - 11.7 - 12.1

キングカメハメハを祖父に持つ2頭の牝馬を尻目に昨年の2着馬が勝利を収めた北九州記念。勝ったダイメイプリンセスは初めて新潟の芝直線1000m以外のコースでオープンクラスの勝利を得ることとなりましたが、6歳牝馬による北九州記念制覇は、現行条件となった2006年以降では2010年のメリッサに次いで2頭目となります。メリッサはダイメイプリンセスと同様に祖父にダンシングブレーヴがいる血統馬でしたが、後にもう一度重賞で3着以内入線実績を作っており、ダイメイプリンセスもまだまだ重賞における好走のチャンスはありそうです。

※第14回キーンランドC

1着・ダノンスマッシュ(父ロードカナロア)

2着・タワーオブロンドン(父Raven's Pass)

3着・リナーテ(父ステイゴールド)

ラップタイム・11.9 - 10.3 - 11.0 - 11.7 - 11.8 - 12.5

レース史上初めて1着から3着まで人気順で決まった今年のキーンランドC。勝利を収めたダノンスマッシュは今年のシルクロードS以来となる重賞3勝目をマークしましたが、キーンランドCにおいて4歳牡馬が勝利したのは今回が初めてでした。牡馬の勝利自体、2012年のパドトロワに次いで4回目ということで、キーンランドCという枠組みの中ではレアケースの決着になったと言えますが、サマースプリントシリーズにおいて1番人気に支持された4歳馬が勝利を収めた例は過去で見ると延べ8頭となっており、その中ではサマースプリントシリーズへの参戦が最後となっていた2008年北九州記念優勝馬スリープレスナイト、2011年キーンランドC優勝馬カレンチャン(◇)、そして、2017年セントウルS優勝馬ファインニードルの3頭が後に芝1200mのG1制覇を果たしていることから、ダノンスマッシュが今年のサマースプリントシリーズへの参戦を今回のキーンランドCを最後にすれば、G1制覇の可能性は大いに広がると見て良いかと思われます。

(◇・カレンチャンは2011年函館スプリントSも1番人気1着)

※第39回新潟2歳S

1着・ウーマンズハート(父ハーツクライ)

2着・ペールエール(父ダイワメジャー)

3着・ビッククインバイオ(父キングズベスト)

ラップタイム・12.5 - 11.1 - 12.5 - 13.0 - 12.3 - 11.0 - 11.0 - 11.6

勝ち馬1頭だけが上がり3ハロン32秒台の強烈な決め手を使った今年の新潟2歳S。その勝者であるウーマンズハートはデビュー戦も今回と同じ新潟芝1600m戦を使い、その時の上がり3ハロンは32秒0とさらに強力な脚を使っていました。現状では新潟芝1600m巧者という趣も感じないわけではありませんが、勝ちタイムで1分34秒5以上に時計を要していた時に牝馬が勝っていた例は過去に2頭おり、そのいずれもが年齢を重ねて更なる重賞制覇に繋げていたので、ウーマンズハートも同様の期待をかけようと思います。

※第54回札幌2歳S

1着・ブラックホール(父ゴールドシップ)

2着・サトノゴールド(父ゴールドシップ)

3着・ダーリントンホール(父New Approach)

ラップタイム・12.3 - 11.5 - 12.2 - 12.3 - 12.3 - 12.5 - 12.5 - 12.3 - 12.5

1着から3着まで函館開催の後半で勝ち上がってきた馬たちで占めることになった札幌2歳S。勝ったブラックホールは昨年の優勝馬ニシノデイジーと同様に函館芝1800m戦を2戦消化してここへ参戦してきた馬でした。ニシノデイジーは札幌2歳S優勝後に東京スポーツ杯2歳Sも勝利し、一躍2019年クラシック世代の主力候補となりましたが、札幌開催が夏競馬終了と共に終わるようになった2012年以降の勝ち馬からクラシック勝ち馬が輩出されていないのがネックとなっており、今回の勝利でクラシック有力候補と見立てるのは早計と言えます。

スポンサーサイト



テーマ:レース回顧 - ジャンル:ギャンブル

レース回顧(予想レース以外) | 17:05:16 | トラックバック(0) | コメント(0)