FC2ブログ
 
■プロフィール

まつり駿楽

Author:まつり駿楽
血統、ベストパフォーマンス、実績の関係性を重視した競馬予想とクラシックの展望などをしています。2012年2月3日よりキルトクール株式会社の神官として入社。fc2小説ページの他、2019年11月2日より「駿楽牧場」にて執筆活動も展開しています。

http://twitter.com/MATSURIshunraku

http://mixi.jp/show_profile.pl?id=10577262

http://novel.fc2.com/user/7234617/

http://shunraku-bokujou.ldblog.jp/

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

【3着VS5着】第60回きさらぎ賞回顧
一昨年と同様に1勝馬同士の対決となったきさらぎ賞。出走馬の半数が上がり3ハロン33秒台をマークする中、道中3番手につけていたコルテジアが勝利を収めました。

1着・コルテジア(父シンボリクリスエス)

2着・ストーンリッジ(父ディープインパクト)

3着・アルジャンナ(父ディープインパクト)

(予想記事・2020年のレース予想・2 「第60回きさらぎ賞」(◎アルジャンナ)

ラップタイム・12.8 - 11.8 - 12.1 - 12.8 - 12.5 - 12.2 - 11.4 - 11.2 - 11.5

◎・アルジャンナ(3着)

上位3頭の中では最も後ろからの競馬となったアルジャンナ。上がり3ハロンではメンバー最速の33秒7をマークしましたが、2着のストーンリッジに半馬身及ばずの3着に終わりました。池江泰寿厩舎所属のきさらぎ賞3着馬というと2011年のクラシック三冠馬オルフェーヴルがおり、必ずしも今回の走りでクラシック絶望というものでもないのですが、オルフェーヴルはきさらぎ賞が芝1600m超のレースが初めてだったのに対し、アルジャンナはデビュー戦で芝2000m戦を勝っており、春のクラシックで活躍するという面では懐疑的にならざるを得ないところがあります。(複勝110円)

キルトクール・トゥルーヴィル(5着)

今回3頭出走していたディープインパクト産駒の中では最下位に終わったトゥルーヴィル。4着馬から6着馬までが1分48秒8で走破する中で、勝ちタイムも1分48秒台なので、レース自体は平凡という見方をしたいところなのですが、トゥルーヴィルに関しては完全に成長待ちということで、もっと長い目で見ていく馬なのかと感じました。

スポンサーサイト



テーマ:レース回顧 - ジャンル:ギャンブル

レース回顧(予想レース) | 13:37:35 | トラックバック(0) | コメント(0)