FC2ブログ
 
■プロフィール

まつり駿楽

Author:まつり駿楽
血統、ベストパフォーマンス、実績の関係性を重視した競馬予想とクラシックの展望などをしています。2012年2月3日よりキルトクール株式会社の神官として入社。fc2小説ページの他、2019年11月2日より「駿楽牧場」にて執筆活動も展開しています。

http://twitter.com/MATSURIshunraku

http://mixi.jp/show_profile.pl?id=10577262

http://novel.fc2.com/user/7234617/

http://shunraku-bokujou.ldblog.jp/

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

いざクラシックへ!注目の一頭 2015クラシック世代第33回
今週は中山、京都共に土日に3歳の特別戦が行われましたが、その中で1番人気馬の勝利は一つもなく、京成杯と同じ日に京都競馬場で行われた紅梅Sでは、昨年の阪神ジュベナイルフィリーズで5着に入ったアルマオンディーナが最後の直線で故障してしまい、予後不良と診断されてしまいました。一寸先は闇と感じさせるには象徴的な出来事ではありますが、そういった事故に脇目を振らず、結果を残し続けていける馬にこそ、大望は果たされるということでもあります。

※京成杯

1着・ベルーフ(父ハービンジャー)

2着・ブラックバゴ(父バゴ)

3着・クルーガー(父キングカメハメハ)

年初の中山金杯に次いで池江泰寿厩舎所属馬が中山芝2000m重賞を連勝することになった今年の京成杯。勝ったベルーフは昨年の2歳戦で多くの勝ち名乗りを挙げたハービンジャー産駒の1頭で、ステイゴールドの全妹にあたるレクレドールを母に持つ馬ですが、今回の京成杯を含めて4戦続けて違う競馬場の芝2000m戦を使い、4戦3勝2着1回と極めて優秀な成績を残しています。2着のブラックバゴも母父がステイゴールドであるため、母方にステイゴールド血統が入った馬による活躍を予感させるものがありましたが、栗東所属の騎手を起用して京成杯を制したケースは芝2000m重賞となった1999年以降では過去2回しかなく、優勝馬となった2頭は共にその後の重賞勝ちはなかったので、ベルーフの春のクラシックの戦いぶりには特に目を光らせておきたいところです。

※1月18日中京芝2000mメイクデビューより、カレンスフィーダ

今週と来週のみ中京競馬場の開催がありますが、そんな1月の中京競馬場で行われた3歳戦から気になったのが、京成杯と同じ芝2000m戦として行われた新馬戦です。勝ったカレンスフィーダはメンバー唯一の34秒台の上がり3ハロンをマークしてきましたが、その血統を見ていくと、昨年のオークス馬ヌーヴォレコルトと同じ”父ハーツクライ、母父スピニングワールド”で、母系がタイキシャトルを輩出といった具合に、非常に筋の通ったものであることがわかります。2000m以上の重賞勝ちがない安田隆行厩舎所属馬であるため、今後短距離馬に変貌していく可能性もありますが、大出世が狙える”母系が短距離血統のハーツクライ産駒”には当てはまることから、今後の成長を楽しみにしたい一頭です。
スポンサーサイト





テーマ:中央競馬 - ジャンル:ギャンブル

Road_to_Derby | 20:05:07 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する