FC2ブログ
 
■プロフィール

まつり駿楽

Author:まつり駿楽
血統、ベストパフォーマンス、実績の関係性を重視した競馬予想とクラシックの展望などをしています。2012年2月3日よりキルトクール株式会社の神官として入社。fc2小説ページの他、2019年11月2日より「駿楽牧場」にて執筆活動も展開しています。

http://twitter.com/MATSURIshunraku

http://mixi.jp/show_profile.pl?id=10577262

http://novel.fc2.com/user/7234617/

http://shunraku-bokujou.ldblog.jp/

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

2015年・九の予想 「第47回ダービー卿チャレンジトロフィー」 (カオスモスVSエキストラエンド)
今週はG1の谷間週となっていますが、そんな中で行われる東西2つの重賞はいろいろな含みを感じさせるレースとなっています。その上で、今回予想する東の重賞であるダービー卿チャレンジトロフィーは、ハンデ重賞・中山芝1600m戦・中心的存在の不在と波乱の要素満載といったところです。

◇第47回ダービー卿チャレンジトロフィーのキーデータ

1・中山芝1600m開催においては必ず3着以内入線馬を輩出している”G2以上で3着以内に来たことがある馬”

2・3年連続連対馬輩出の”左回り重賞で連対実績のある、父が中山G1勝ち馬”

3・4年連続3着以内入線馬輩出の”半年以内に準オープンを勝ち上がってきた馬”



連続しているデータを探すのが困難だった中で唯一と言っていいほど筋が通り続けているのが1のデータですが、今回の出走馬で該当しているのは半数の8頭と、ここを決め手とするのは酷なところがあります。一方で、2のデータに該当しているのはエキストラエンドとブレイズアトレイルの2頭だけで、3のデータはカオスモス、マイネルメリエンダ、モーリス、ラインスピリットの4頭と少数精鋭です。特に3のデータに関しては阪神競馬場で開催された2011年を起点としているので、これからのダービー卿チャレンジトロフィーにおいて最も重要視される要素になるかもしれません。



◎・カオスモス(◇1、◇3)

キルトクール・エキストラエンド(◇1、◇2)



そういった中で本命に推したのは、1と3のデータに該当していたカオスモスです。オープンクラスに返り咲きを果たしてからの関西2戦で不甲斐ない結果となっていますが、東京、中山遠征において掲示板を外したのがわずかに1回に留まっているのは好印象です。昨年、2着に入った時と同じ内田博幸騎手とのコンビですが、内田騎手が今年挙げた8勝のうちの4勝が前走着外からの巻き返しであり、そういった部分からも勝利を意識できる馬と見ました。

次いで、2のデータから上位に据えたのが、昨年の優勝馬カレンブラックヒルと同じダイワメジャー産駒のブレイズアトレイルです。血統的な評価が高い1頭ですが、昨年のサマーマイルシリーズを皆勤した1頭で、4着、5着、2着と安定した成績を残してきたことがここで生かされると判断したところもあります。さらにその次点に据えたのが、現在中山芝で連勝中のモーリスで、実質的にSadler's Wells血統馬を重視する形になりました。

そして、キルトクールに据えたエキストラエンドは今回の出走馬の中で1と2のデータを兼ね備えている唯一の存在です。シングスピールを父に持ち、中山記念を2回勝利しているローエングリンが兄という血統から、中山で躍進があってもおかしくはない馬でもありますが、京都の芝重賞を6回走って一度も掲示板を外したことがなく、ディープインパクト産駒らしい京都巧者の色彩が強いことが気になります。その上で、雨が絡んだ馬場を不得手としていることがネックであり、今回のレースにおけるキルトクール指名馬といたします。



単勝

カオスモス

複勝

カオスモス

ブレイズアトレイル

馬連・ワイド(ながし)

(軸)カオスモス

(相手)ブレイズアトレイル、モーリス

☆勝負のワンツースリー

カオスモス→ブレイズアトレイル→モーリス
スポンサーサイト





テーマ:中央競馬重賞予想 - ジャンル:ギャンブル

2015年のレース予想 | 23:48:44 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する