■プロフィール

まつり駿楽

Author:まつり駿楽
血統、ベストパフォーマンス、実績の関係性を重視した競馬予想とクラシックの展望などをしています。2012年2月3日よりキルトクール株式会社の神官として入社し、twitterやmixiを密かに更新中。fc2小説ページにて執筆活動も展開しています。

http://twitter.com/MATSURIshunraku

http://mixi.jp/show_profile.pl?id=10577262

http://novel.fc2.com/user/7234617/

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

暴君 第75回皐月賞回顧
フルゲートが18頭立てに定められてから初めて枠順確定時にフルゲート割れを起こしていた今年の皐月賞でしたが、終わってみれば2000年代に入って最も皐月賞を勝っているジョッキーを背にしていた馬が、その才能を遺憾なく発揮させて勝利を収めることになりました。

1着・ドゥラメンテ(父キングカメハメハ)

2着・リアルスティール(父ディープインパクト)

3着・キタサンブラック(父ブラックタイド)

(予想記事・2015年・十一の予想 「第75回皐月賞」(◎サトノクラウン)

※前途多難の皐月賞制覇

ラップタイム・12.5 - 10.7 - 12.0 - 11.8 - 12.2 - 12.2 - 12.1 - 11.7 - 11.4 - 11.6

今回の皐月賞におけるレースのハイライトは、ズバリ言って最終コーナーでした。上位3頭は3コーナーまでは確実に内側のコースをキープし続け、最終コーナーの入り口付近においてもその形は崩れていませんでしたが、出口を迎えたところでドゥラメンテと鞍上ミルコ・デムーロ騎手が我慢しきれないと言わんばかりに仕掛けると、一気に外へ”飛んで”いき、馬場の真ん中辺りまで膨れる恰好となりました。直線では2番手追走のキタサンブラックが早め先頭で押し切りを図ろうとするところへリアルスティールが外から差していき、内で我慢を続けてきたブライトエンブレムがキタサンブラックにじわりと詰め寄ろうとしていましたが、最終コーナーで外に出していたドゥラメンテがメンバー中唯一の上がり3ハロン33秒台をマークする異次元の末脚を見せると、2着のリアルスティールに1馬身半の差をつけて勝利を収めました。

桜花賞に続いてキングカメハメハ産駒が勝利した皐月賞ですが、桜花賞と皐月賞の優勝馬の父が同一だったケースは、フルゲートが18頭立てに定められた1992年以降では4回目で、2004年以来11年ぶりの出来事になります。そんな中で、過去3回の皐月賞馬は皐月賞後さらにG1を1回以上は勝っていますが、日本ダービー制覇に繋げられたのは皐月賞出走時点で重賞を2勝していたネオユニヴァースだけです。もっとも、ネオユニヴァースは今回の優勝ジョッキーであるミルコ・デムーロ騎手とのコンビで結果を残してきた馬なので、ドゥラメンテにもダービー制覇の期待をかけたくなるところですが、皐月賞を乗り替わりで勝った馬による日本ダービーの成績は1992年以降(0-1-1-5)と着外になるのがほとんどで、3着以内に入ってきた2頭が皐月賞トライアル優勝馬であることを考えると、日本ダービーに向けてはまだまだ逆転の要素が多々あるように思えます。

◎・サトノクラウン(6着)

スタートでやや出遅れ、後方の外側を通り続ける形になりました。3コーナーから4コーナーにかけての加速はスムーズで、上位争いの可能性も感じさせましたが、ドゥラメンテが仕掛けてきた逸走気味の外への持ち出しに接触こそ避けられたものの気を遣う形になり、逃げ粘っていたクラリティスカイにハナ差の入線に持ち込むのが精一杯でした。今回の皐月賞は勝ちタイムが1分58秒2と歴代2位の走破時計となり、この馬まで1分58秒台で走破することになりましたが、無敗の弥生賞馬という立場から引き続き日本ダービーでも優勝候補と見立てたい一方で、2007年以降の日本ダービーでは2歳時に芝2000m戦を勝ち上がっているか、日本ダービーまでに阪神芝外回りのレースを勝っているか、どちらかを満たしていないとダービー制覇に繋げられておらず、サトノクラウンはそのどちらも有していないのが大きなネックとなります。

キルトクール・リアルスティール(2着・(/´△`\) ナンテコッタイドンガバチョ!)

レース運びとしてはスプリングSで先着を許したキタサンブラックをマークするような形をとり、結果、キタサンブラックには2馬身半先着することになりました。ほぼ理想通りの走りができたのではないかと思われますが、鞍上の福永祐一騎手にとっては6回目の皐月賞3着以内入線となる一方で、そのうちの5回は競馬学校出身騎手ではない騎手に勝利を阻まれており、改めて、地方・海外出身の”外様騎手”の勝負強さを感じさせる結果にもなりました。

その上で、日本ダービー展望ということで言えば、デビュー戦で阪神芝外回り戦を勝っているので、今回掲示板に載ってきた馬の中では優勝候補筆頭格に据えることもできますが、皐月賞2着馬による日本ダービー制覇は20年前のタヤスツヨシを最後に途切れています。リアルスティールと同様に、福永祐一騎手を背に無敗で重賞制覇を果たして皐月賞2着馬となったキングヘイローは、日本ダービーで惨敗を喫しており、その点を踏まえると今年の日本ダービーは別路線組の方がよりチャンスが大きいように思えます。(複勝150)
スポンサーサイト


テーマ:レース回顧 - ジャンル:ギャンブル

レース回顧(予想レース) | 18:12:47 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad