FC2ブログ
 
■プロフィール

まつり駿楽

Author:まつり駿楽
血統、ベストパフォーマンス、実績の関係性を重視した競馬予想とクラシックの展望などをしています。2012年2月3日よりキルトクール株式会社の神官として入社。fc2小説ページの他、2019年11月2日より「駿楽牧場」にて執筆活動も展開しています。

http://twitter.com/MATSURIshunraku

http://mixi.jp/show_profile.pl?id=10577262

http://novel.fc2.com/user/7234617/

http://shunraku-bokujou.ldblog.jp/

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

2015年・三十の予想 「第49回スプリンターズS」(ミッキーアイルVSリッチタペストリー)
今日のシリウスSにおいて武豊騎手が重賞300勝目をマークしたことを受けて開催される、明日のスプリンターズS。騎手という観点で言えば、過去にスプリンターズSを制したことのある騎手とのコンビで参戦しているのは、内枠からサクラゴスペル(横山典弘騎手)、ベルカント(武豊騎手)、レッドオーヴァル(蛯名正義騎手)、ウリウリ(岩田康誠騎手)の4組だけですが、彼らを超える人馬がいるのかどうかを見極める必要があるようにも感じられます。

(展望記事・第49回スプリンターズの”三本柱”

(参考まとめ記事・レース参考まとめ「第49回スプリンターズS」

【データルール・展望記事で該当していたデータの項目番号を、印の横の「」内に記載】

さて、今年は新潟で行われた昨年の2着馬、3着馬と中山で行われた一昨年の2着馬がぶつかり合いますが、過去のスプリンターズSで2着、3着に終わった馬による再挑戦において勝利というリベンジ成功の例はただの一度もなく、着順を上げてきた例自体も2008年の3着から2009年の2着としたビービーガルダン1頭だけに留まっています。ビービーガルダンは2008年のスプリンターズS後に重賞を2勝し、そのうちの1勝が直前のキーンランドCということで上り調子で戦えていましたが、今回出走する過去の好走馬にはそういった要素が皆無であり、到底狙えるようなものではありません。

また、サマースプリントシリーズの中で最も格上であるセントウルSですが、今年は芝1200m戦となった2000年以降では3回目となる、前半600mの通過タイムが34秒台の年になっています。”前半600mの通過タイムが34秒台”となった過去2回のセントウルS出走馬は、その年のスプリンターズSで連対を果たしたことがなく、そういったところからもセントウルS組は軽視の方向で考えています。



◎・ミッキーアイル「2」

キルトクール・リッチタペストリー「外国馬」



その上で本命に推すのが、自身のキャリアとして”2か月以上の休養明け、かつ前走と同一距離以下のレース”であれば(2-1-0-0)という数字を残しているミッキーアイルです。先週のオールカマーでミッキーアイルと同じディープインパクト産駒が勝利したことも追い風となっていますが、春のスプリントG1である高松宮記念では初の芝1200m戦でありながら2013年のスプリンターズS2着馬ハクサンムーンとハナ差の3着に入り、なおかつ4着以下には3馬身半差をつけるというトップスプリンターとしての才覚を見せつけています。サマースプリントシリーズが始まった2006年以降では年齢別で最多勝をマークしている4歳馬であるということもプラスで、優勝候補筆頭と見立てました。

相手候補としては、展望記事の中で唯一、二つの大きな柱となるデータに該当していたティーハーフと、今年のサマースプリントシリーズ優勝馬であるベルカントです。両者はミッキーアイルと同様にセントウルSをスキップしてきた馬で、そこも狙ってみたくなる要素の一つですが、ティーハーフは今年のサマースプリントシリーズの中で最も厳しいレースとなった函館スプリントSを勝ってきたこと、ベルカントはアイビスサマーダッシュを勝った上での他のサマースプリントシリーズ重賞制覇ということがそれぞれ大きなプラスと見て、ミッキーアイルの相手候補として狙いを立てることにしました。

そして、今回のキルトクールであるリッチタペストリーは、出走馬の中で唯一の外国調教馬です。今年の高松宮記念を勝利したエアロヴェロシティと同じスプリント大国・香港調教馬であり、ダート競馬の本場であるアメリカにおいてダート1200mのG1を勝ち上がってきた、まさに世界のトップスプリンターという風情を持つ出走馬ですが、日本では1600m未満の重賞を一度も勝利していないクリストフ・ルメール騎手とのコンビがどうなるか気にかかるところで、狙いから外す方向で考えています。



単勝

ミッキーアイル

複勝

ミッキーアイル

ティーハーフ

ワイド(ボックス)

ミッキーアイル、ティーハーフ、ベルカント

三連複

ミッキーアイル-ティーハーフ-ベルカント

☆勝負のワンツースリー

ミッキーアイル→ベルカント→ティーハーフ
スポンサーサイト





テーマ:中央競馬(JRA)予想 - ジャンル:ギャンブル

2015年のレース予想 | 20:23:30 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する