FC2ブログ
 
■プロフィール

まつり駿楽

Author:まつり駿楽
血統、ベストパフォーマンス、実績の関係性を重視した競馬予想とクラシックの展望などをしています。2012年2月3日よりキルトクール株式会社の神官として入社。fc2小説ページの他、2019年11月2日より「駿楽牧場」にて執筆活動も展開しています。

http://twitter.com/MATSURIshunraku

http://mixi.jp/show_profile.pl?id=10577262

http://novel.fc2.com/user/7234617/

http://shunraku-bokujou.ldblog.jp/

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

いざクラシックへ!注目の一頭 2016クラシック世代第39週
かつての日本競馬では「名牝、必ずしも名繁殖牝馬にならず」とされていましたが、今年のクラシック路線を見ていくとそんな格言はもはや死語といった趣を感じさせます。こと2016年クラシック世代に関して言えば、外国人騎手がJRAの騎手免許を持って2歳デビューを果たした最初の世代となりましたが、その恩恵は凄まじいものがあり、昨日の弥生賞終了の時点で連対率100%の重賞勝ち馬が8頭もいます。日本ダービーの開催までは残り3か月を切りましたが、このタレント揃いの世代の中から抜きん出た出世を果たす馬は現れてくるのでしょうか。

※弥生賞

1着・マカヒキ(父ディープインパクト)

2着・リオンディーズ(父キングカメハメハ)

3着・エアスピネル(父キングカメハメハ)

昨年の朝日杯フューチュリティSの上位2頭に対し、無敗の若駒S優勝馬が挑む三強の構図となった今年の弥生賞。決着の内容から言えば、前評判通りの三強上位独占という形になりましたが、ルメール騎手騎乗の無敗の若駒S優勝馬マカヒキが、デムーロ騎手騎乗で昨年の朝日杯フューチュリティSをキャリア2戦目で制したリオンディーズをクビ差負かして勝利を収めました。昨年に続いての無敗の弥生賞馬誕生となりましたが、このマカヒキに関しては昨年のサトノクラウンと同様に皐月賞で乗り替わりが発生する可能性が極めて高く、そうなった場合はクラシックで主役を張るにはかなり大きな不安を抱えることになります。また、弥生賞が2分の壁を破ったのは今回が初めてになりますが、過去の弥生賞において2分1秒0より速かった年は3回あり、その時の優勝馬はいずれも春クラシック2戦においてどちらかは4着以下の敗戦を経験していることから、その点からも今年のマカヒキがクラシック最有力候補とは言い難いところがあります。

一方で、2着に敗れたリオンディーズについてですが、朝日杯フューチュリティS優勝馬による弥生賞参戦は2008年のセイウンワンダー以来の出来事でした。セイウンワンダーは弥生賞で着外になった後、皐月賞で3着と巻き返しに成功しましたが、朝日杯フューチュリティSの優勝馬が明け3歳初戦で2着だったケースは、サンデーサイレンス産駒がクラシックデビューを果たした1995年以降では2回しかなく、そのいずれもが春クラシックでは芳しい成績を残していないのがネックになります。また、1995年以降の弥生賞で無敗の優勝馬が5頭輩出される中で、その時の2着馬がその後のG1制覇を果たした例もなく、この辺りがデムーロ騎手の腕の見せ所といった具合になりそうな気がしています。

そして、4着馬には5馬身差をつけたものの、2着のリオンディーズには2馬身の差をつけられた3着のエアスピネルですが、朝日杯フューチュリティSから弥生賞にかけての臨戦過程は2013年の皐月賞3着馬コディーノを彷彿とさせます。血統的にもコディーノに近いところがあり、春クラシックにおける有力候補の一頭という位置付けには何ら変化はありませんが、2000年以降の弥生賞における社台ファーム生産馬の3着以内入線は10頭おり、そのうちの5頭は皐月賞で連対を果たしてきました。この5頭に関しては、エアスピネルと同様に弥生賞の前にオープンクラスで連対実績を持っていた馬たちであり、順調に皐月賞に挑戦することが叶うならば、今回の上位2頭を逆転する可能性は大いにあると見ています。
スポンサーサイト





テーマ:中央競馬 - ジャンル:ギャンブル

Road_to_Derby | 21:12:27 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する