FC2ブログ
 
■プロフィール

まつり駿楽

Author:まつり駿楽
血統、ベストパフォーマンス、実績の関係性を重視した競馬予想とクラシックの展望などをしています。2012年2月3日よりキルトクール株式会社の神官として入社。fc2小説ページの他、2019年11月2日より「駿楽牧場」にて執筆活動も展開しています。

http://twitter.com/MATSURIshunraku

http://mixi.jp/show_profile.pl?id=10577262

http://novel.fc2.com/user/7234617/

http://shunraku-bokujou.ldblog.jp/

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

2016年・二十の予想 「第52回函館記念」(バイガエシVSトゥインクル)
先週、先々週と福島の重賞を予想してきた当ブログですが、今週はサマー2000シリーズ第2戦の函館記念の予想を行います。函館記念の予想は2年ぶりとなりますが、今回はその当時とは異なり、2015年から始めた3つのキーデータを引っ張り出した上で本命馬とキルトクールを見定めていきます。

◇第52回函館記念のキーデータ

1・2年連続連対圏独占の”父が日本のクラシック優勝馬で、自身はG2の連対実績を持つ馬”

2・6年連続で3着以内入線馬を輩出している”1年以内に東京芝2000m以上のレースを勝っている馬”

3・3年連続で3着以内入線馬を輩出している”近2走内に勝利を収め、出走馬の中で最年少の馬”

ここ4年は宝塚記念の3週間後に行われるようになってきている函館記念ですが、今年のレースを経て4年連続で1着馬と2着馬のそれぞれの共通点が紡がれていった七夕賞とは異なり、こちらは連対馬が持つ共通のデータが2年しか続いていないということで、ブレが生じる可能性が高くなっています。しかも、連対確保に向けて優位に立てるキーデータである1に該当している出走馬は昨年の優勝馬ダービーフィズのみで、このダービーフィズが6戦続けて6着以下に沈んでいることから、キーデータの1に該当する馬による3年連続の連対圏入線に関しては黄色信号が灯っています。もっとも、函館記念三連覇を果たしたエリモハリアーが他の競馬場の重賞を全く勝てなかったように、函館競馬場は他のどの競馬場よりも癖が強いコースであることから、1年ぶりの函館参戦ということで息を吹き返す可能性もありますが、本命馬に関しては別の馬を選択していくことにしました。



◎・バイガエシ(◇3)

キルトクール・トゥインクル(◇2)



今回本命のバイガエシは、出走馬の中で唯一の格上挑戦馬ですが、北海道の芝で(2-1-0-1)、右回りの芝2000m戦で(2-0-1-0)と、今回の函館記念に向けて優れた数字を残しています。前走で今回と同じ函館芝2000m戦を使い、そこで2着馬に5馬身差をつけて勝ったことに関してはやり過ぎの感も否めませんが、17年前に七夕賞で4歳馬が勝った時に、函館記念も4歳馬が勝利を収めており、そういった部分からも優勝候補筆頭として狙ってみたいと判断しました。

相手候補に据えるのは、前述のダービーフィズに加え、トーセンレーヴとファントムライトを指名します。トーセンレーヴに関しては芝2000m戦を4戦全勝としているのが大きなプラスですが、昨年秋に今回と同じ2ターンの右回り芝2000m戦を連勝していることが特に秀逸であり、芝2000m重賞で滅法強いディープインパクト産駒の代表馬として狙ってみたい一頭です。また、ファントムライトを狙う根拠としては、特別登録馬について触れた時に出してきた内容に加え(参考記事・「特別登録・ファーストインプレッション」(2016年7月12日ver.))、前走から2か月半近い間隔があることも休み明けに強いダイナカール牝系馬としては歓迎材料であり、ファントムライト自身も前走から2か月以上の復帰戦の数字を(1-3-2-1)としていることから、馬の資質的にバイガエシを逆転できる馬はファントムライトのみと判断して狙い目に入れることにしました。

そして、今回のキルトクールであるトゥインクルは昨年の北海道のレースで(2-1-0-0)としており、洋芝適性に関しては何ら不安がありません。また、今回のキーデータの3では”最年少”という部分で括ってはいるものの、最先着ということで言えば必ずしも”最年少”とは限らないので十分に勝機があると言えます。しかし、2400m未満のレースに出るのが1年以上も前の上に、その時は500万下のダート戦ということで、中距離戦の速さ比べに対応できるかどうかは甚だ疑問と判断し、キルトクールとして指名していくことになりました。



単勝

バイガエシ

ファントムライト

複勝

トーセンレーヴ

ダービーフィズ

三連複(ながし)

(軸)バイガエシ

(相手)ファントムライト、トーセンレーヴ、ダービーフィズ

三連単

バイガエシ→ダービーフィズ→ファントムライト

ファントムライト→トーセンレーヴ→バイガエシ
スポンサーサイト





テーマ:中央競馬(JRA)予想 - ジャンル:ギャンブル

2016年のレース予想 | 18:54:33 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する