FC2ブログ
 
■プロフィール

まつり駿楽

Author:まつり駿楽
血統、ベストパフォーマンス、実績の関係性を重視した競馬予想とクラシックの展望などをしています。2012年2月3日よりキルトクール株式会社の神官として入社。fc2小説ページの他、2019年11月2日より「駿楽牧場」にて執筆活動も展開しています。

http://twitter.com/MATSURIshunraku

http://mixi.jp/show_profile.pl?id=10577262

http://novel.fc2.com/user/7234617/

http://shunraku-bokujou.ldblog.jp/

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

2016年・二十二の予想 「第52回札幌記念&阿賀野川特別」【一部修正有】
昨年のローズSとセントライト記念の時以来となる二本立てでお届けする今週の予想記事。今週の予想レースは、サマー2000シリーズ唯一のG2戦である札幌記念と新潟芝2200mの1000万下特別として開催される阿賀野川特別の二戦ですが、どちらのレースも今後の日本競馬を見据えていく上でとても重要な一戦と睨んでいます。その上で、今回の予想からキーデータの該当馬をデータと併記しながら話を展開させていこうと思います。

※第52回札幌記念

◇第52回札幌記念のキーデータ【()内の記載は期間内の”1着-2着-3着”】

1・定量戦となった2006年以降、札幌開催では必ず連対馬輩出している”芝1800mの準オープン以上を勝ち、なおかつ北海道の芝で3着以内入線の経験を持つ馬”

(6-7-4)

【該当馬】ネオリアリズム、ヒットザターゲット、マイネルフロスト、メイショウスザンナ、レッドリヴェール

2・函館開催時も合わせて7年連続連対馬輩出中4年連続優勝馬輩出中の”前年、または当年に芝2000m未満の重賞勝ちがある馬”

(4-6-3)(4-1-0)

【該当馬】ヌーヴォレコルト、メイショウスザンナ、モーリス、ヤマカツエース、レインボーライン

3・函館開催時も合わせて6年連続連対馬輩出中の”重賞を2勝以上している中で、芝2000mの重賞勝ちがある馬”

(5-4-3)

【該当馬】ヒットザターゲット、ヤマカツエース



昨年に続いて2年連続の予想となる札幌記念。今回のキーデータは昨年のものとは多少異なるものとしましたが、複数のキーデータに該当しているのはヒットザターゲット、メイショウスザンナ、ヤマカツエースの3頭となっています。この3頭の中から本命馬とキルトクールを決めていくことにしますが、昨年2着のヒットザターゲットは本命ともキルトクールともしないで狙い馬の一頭として組み立てていこうと考えています。



◎・メイショウスザンナ(◇1、◇2)

キルトクール・ヤマカツエース(◇2、◇3)



その上で、今回本命に推すことにしたメイショウスザンナは、昨年のクイーンSが北海道初戦であったにも関わらずいきなり優勝し、連覇を目指した今年のクイーンSでは着外に敗れたものの、上がり3ハロンで最速を出していることから、北海道適性に関しては全く抜かりがありません。7年前の札幌記念においてブエナビスタを負かしたヤマニンキングリーと同じ父、母父を持っていることもプラスですし、人馬の組み合わせから言って、モーリスが先行勢をなぎ倒した後に上位争いを演じる可能性が大と見て、最上位評価に据えておこうと考えました。

対するキルトクール指名馬であるヤマカツエースは、3歳馬の身で出走した昨年の札幌記念において勝ったディサイファと0秒1差の4着に入ってきた馬であり、後に芝2000m重賞を連勝したこともあって、一見すると軸に最適な存在のように思われます。しかし、中山金杯勝利後の3戦においては自身の上がり3ハロンがレースの上がり3ハロンに劣っているように、調子に関しては疑問が残ります。脚質的に考えても、モーリスのスパートの餌食になる可能性が高く、今回のキルトクールに最適と判断しました。

そして、上記のキーデータに1つだけ該当している馬の中で狙ってみたいと判断したのが、モーリスと同じ堀宣行厩舎所属馬であるネオリアリズムです。札幌競馬場で開催された札幌記念において重賞未勝利馬が3着以内に入ってきたのは2008年の3着馬であるフィールドベアーを最後になくなっていますが、ネオリアリズムは今回騎乗するクリストフ・ルメール騎手とは昨年の札幌開催以来のコンビ結成であり、当該コンビで2戦2勝ときちんとした結果を残しています。また、今回の札幌記念を勝利するとサマー2000シリーズにおいて優勝資格を得られる馬がネオリアリズムを含めて4頭いますが、札幌競馬場での優勝経験があるのはネオリアリズムただ1頭であり、そういった部分を考慮してもメイショウスザンナに次ぐ優勝候補として考えています。



単勝

メイショウスザンナ

ネオリアリズム

複勝

メイショウスザンナ

ネオリアリズム

ヒットザターゲット

ワイド(ながし)

(軸)メイショウスザンナ

(相手)ネオリアリズム、ヒットザターゲット

馬連

メイショウスザンナ-ネオリアリズム



※阿賀野川特別

◇2016年阿賀野川特別のキーデータ【()内の記載は期間内の”1着-2着-3着”】

1・4年連続優勝馬を輩出している”前年、または当年に左回りの芝2000m以上のレースを勝ち上がっている馬”

(4-3-3)

【該当馬】ウインスペクトル、シャクンタラー、トーセンバジル

2・4年連続して連対馬を輩出中の”1年以内に芝2200m戦を勝ち上がっている馬”

(3-1-0)

【該当馬】ウインスペクトル、エイシンハドソン、トーセンバジル

3・現行の新潟芝2200m戦として開催された2005年と2006年及び2008年以降の計10回のうち、2005年を除いた全ての年において3着以内入線馬を輩出している”年内に勝利をあげている4歳以下の馬”

(8-4-5)

【該当馬】ウインスペクトル、ジェネラルゴジップ、シャクンタラー、トーセンバジル



ここ5年は土曜開催、4年前まではハンデ戦、さらに一昨年、昨年と夏の新潟競馬場第2週の開催として行われてきた、新潟芝2200mの1000万下特別・阿賀野川特別。細かく条件が変わっていく中で、キーデータの3に関しては直近9回の中で3着以内入線馬を輩出し続けるという、なかなか根深いデータになっています。その上で、今回のレースにおいてはキーデータの3に該当している馬を狙い馬として定めつつ、そこから本命馬とキルトクール指名馬を決めていくことにしました。



◎・トーセンバジル(◇1、◇2、◇3)

キルトクール・ウインスペクトル(◇1、◇2、◇3)



今回の本命馬とキルトクール指名馬は、両者共に全てのキーデータに該当している馬たちですが、本命に推したトーセンバジルは、前走中京芝2200m戦を勝利しており、その強みを評価することにしました。また、8年前には後に菊花賞馬となったオウケンブルースリが勝利していますが、オウケンブルースリは阿賀野川特別勝利後に出走した神戸新聞杯で3着に入っており、この部分もトーセンバジルと合致することから、今回のレースにおける優勝候補筆頭として狙いを定めることにしました。

一方、キルトクールに指名したウインスペクトルは、昨年の秋に新潟芝2400m戦を勝ち上がっており、コース適性に不安はありません。ただ、鞍上の宮崎北斗騎手は今回がテン乗りである上、2000mを超える距離の勝利が10回にも到達していないことから、狙いを立てにくいと判断してキルトクールに指名することになりました。



単勝

トーセンバジル

馬連

トーセンバジル-シャクンタラー

三連複

トーセンバジル-シャクンタラー-ジェネラルゴジップ

☆勝負のワンツースリー

トーセンバジル→シャクンタラー→ジェネラルゴジップ
スポンサーサイト





テーマ:中央競馬(JRA)予想 - ジャンル:ギャンブル

2016年のレース予想 | 18:19:19 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する