FC2ブログ
 
■プロフィール

まつり駿楽

Author:まつり駿楽
血統、ベストパフォーマンス、実績の関係性を重視した競馬予想とクラシックの展望などをしています。2012年2月3日よりキルトクール株式会社の神官として入社。fc2小説ページの他、2019年11月2日より「駿楽牧場」にて執筆活動も展開しています。

http://twitter.com/MATSURIshunraku

http://mixi.jp/show_profile.pl?id=10577262

http://novel.fc2.com/user/7234617/

http://shunraku-bokujou.ldblog.jp/

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

2016年・二十四の予想 「第52回新潟記念」(ダコールVSアルバートドック)
3か月近くにわたって開催されてきた夏競馬は、今週の開催で最終週となりますが、今週は夏競馬最後の重賞である新潟記念を予想していきます。このレースの結果をもって今年のサマー2000シリーズの覇者が決定しますが、サマーシリーズ全体でうごめいている思惑も鑑みながら予想を組み立てていこうと思います。

◇第52回新潟記念のキーデータ【()内の記載は期間内の”1着-2着-3着”】

1・7年連続連対馬輩出中の”7月または8月の準オープン以上を勝ち上がっている馬”

(4-5-2)

【該当馬】アルバートドック、アロマカフェ、エーシンマックス、クランモンタナ、ダコール、マイネルミラノ、メイショウナルト、ロンギングダンサー

2・5年連続3着以内入線馬輩出中の”当年のサマー2000シリーズで敗北を喫している、芝2000m重賞勝ち馬”

(3-1-1)

【該当馬】ダコール、ベルーフ、メイショウナルト

3・5年連続3着以内入線馬輩出中の”最上級戦の勝利が左回りの芝2000m戦の馬”

(3-2-2)

【該当馬】エーシンマックス、ダコール、ルミナスウォリアー、ロンギングダンサー

さて、過去10回行われてきたサマー2000シリーズにおいて、新潟記念の優勝馬がシリーズ優勝馬となったケースは5回あります。その中で、サマー2000シリーズの他の重賞を勝っていたのは2012年のトランスワープ(函館記念)ただ1頭で、残り4回のうち3回は前走小倉記念からの巻き返しを図ってきた馬たちによるものでした。今回の出走馬の中で前走小倉記念敗戦馬は4頭おり、メイショウナルト以外の3頭にシリーズ逆転優勝のチャンスがありますが、この3頭の中から本命を選びつつも、残りの2頭に関してははっきりと狙いから外してしまおうと考えております。



◎・ダコール(◇1、◇2、◇3)

キルトクール・アルバートドック(◇1)



今回の予想は七夕賞の時とは本命とキルトクールを逆にする形になりましたが(参考記事・2016年・十九の予想 「第52回七夕賞」(アルバートドックVSダコール))、本命に推したダコールは新潟記念と同じ新潟芝2000mのハンデG3である新潟大賞典の優勝馬で、今回のレースに向けて文句なしの適性を見せつけています。サマー2000シリーズの優勝馬の中でシリーズ3戦消化の優勝馬は2009年のホッコーパドゥシャただ1頭である上、ホッコーパドゥシャ自身は尻上がりに着順を上げていった馬なので、七夕賞から小倉記念にかけて着順を落としているダコールに対して不安を覚えないわけではありませんが、今回は昨年の優勝ジョッキーであるミルコ・デムーロ騎手を配して万全の態勢で勝負に出ていますし、キーデータの該当具合から考えても断然の本命候補であることには変わりありません。

一方、キルトクールのアルバートドックですが、七夕賞優勝馬によるサマー2000シリーズ優勝が2008年のミヤビランベリと2011年のイタリアンレッドの2頭に留まっている上、2頭が持つ新潟記念実績が着外、不出走と芳しいものではありません。当年の七夕賞連対馬による新潟記念連対自体がないので、本命に推したダコールも来ない可能性が高い馬ですが、アルバートドックに関しては左回りで(0-0-0-2)となっている上、ハンデ重賞における4歳馬の斤量58kgというのがさすがに荷が重いと判断して、キルトクールの指名馬としました。

その上で、ダコールの相手候補に据えるのが、アデイインザライフとルミナスウォリアーの2頭です。アデイインザライフはレースのデータ的には強調できるものがありませんが、芝2000m重賞で二度3着を経験し、ここ2戦続けて芝2000m戦を勝ってきているキャリアは高く評価できます。また、鞍上の横山典弘騎手は新潟競馬場で重賞勝ちを収めるとJRAの全ての競馬場において重賞勝ちを収めることになり、そういった部分でも勝ち馬候補として取り上げておこうと考えました。そして、もう1頭の狙い馬であるルミナスウォリアーに関しては、2走前の内容が優れている上、日本人騎手を乗せて左回りのレースに出た時の成績が(3-4-1-0)としていることから、今回のレースにおいて上位争いをする可能性が高い1頭として選択しました。



単勝

ダコール

アデイインザライフ

馬連・ワイド(ながし)

(軸)ダコール

(相手)アデイインザライフ-ルミナスウォリアー

三連単

ダコール→アデイインザライフ→ルミナスウォリアー
スポンサーサイト





テーマ:中央競馬(JRA)予想 - ジャンル:ギャンブル

2016年のレース予想 | 16:24:58 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する