FC2ブログ
 
■プロフィール

まつり駿楽

Author:まつり駿楽
血統、ベストパフォーマンス、実績の関係性を重視した競馬予想とクラシックの展望などをしています。2012年2月3日よりキルトクール株式会社の神官として入社。fc2小説ページの他、2019年11月2日より「駿楽牧場」にて執筆活動も展開しています。

http://twitter.com/MATSURIshunraku

http://mixi.jp/show_profile.pl?id=10577262

http://novel.fc2.com/user/7234617/

http://shunraku-bokujou.ldblog.jp/

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

変化アリ? 第1回紫苑S回顧
先週の新潟記念に続いてディープインパクト産駒によるワンツーフィニッシュとなった紫苑S。ただ、その中身に関しては予想段階における見落としがなければ、あっさりと辿りつけた答えだったようにも思え、悔いが残る一戦となりました。

1着・ビッシュ(父ディープインパクト)

2着・ヴィブロス(父ディープインパクト)

3着・フロンテアクイーン(父メイショウサムソン)

(予想記事・2016年・二十五の予想 「第1回紫苑S」(ベアインマインドVSヴィブロス)【一部追記有】

ラップタイム・12.0 - 10.9 - 11.9 - 12.1 - 12.7 - 12.3 - 12.1 - 11.7 - 12.0 - 12.0

ということで、予想記事の方はレース後の修正となってしまいましたが(文末に訂正とお詫びの案内を入れてあります)、勝ったビッシュは重賞に格上げされたことを考慮して目をかけたキーデータの3の該当馬でありつつも、格上げ前から重視すべき要素であったキーデータの2に該当していた1頭でした。2着のヴィブロスも、格上げ前から重要視されていたキーデータの1に該当していた馬であり、データ的には紫苑Sらしい紫苑Sであったとも言えますが、上位3頭のうち2頭が重賞で3着以内に入ってきた実績のある馬たちであり、そういった馬たちを優先的に上位評価するべきだったように思います。

その上で、今回勝利を収めたビッシュですが、今年の皐月賞に続いて18番枠に入った馬による中山芝2000m重賞制覇を果たすことになりました。フルゲートが18頭立てと定められるようになった1991年以降の皐月賞において、18番枠に入って勝利を収めたのは今年のディーマジェスティを含めて3頭いますが、ディーマジェスティ以外の2頭は更なるG1制覇を果たしており、そういった意味では、ビッシュの秋華賞制覇は現実味を帯びた話であるように思われます。

◎・ベアインマインド(10着)

今回4頭出走していたディープインパクト産駒の中では最下位という結果に終わったベアインマインド。前半1000mの通過が1分を切る中でイン3番手をキープしようとしましたが、レース後半では先行馬の失速の煽りを受けて後退を余儀なくされ、それを凌いでからの伸びは芳しいものではありませんでした。4コーナーでは外から被せようとしてきたパールコードとのポジション争いを演じ、そこでの捌きに手こずったところもあって良い結果を残せませんでしたが、そのポジション争いでは痛み分けに近い決着に終わったパールコードに先着を許したところを見ると、単純に力不足だった印象も否めず、紫苑Sのメンバーレベルが高ければ高いほど、ベアインマインドのようなタイプの出番はなくなっていきそうな雰囲気もあります。

キルトクール・ヴィブロス(2着・(/´△`\) ナンテコッタイドンガバチョ!)

道中はパールコードの背後を追走しながら中団より少し後ろのポジションをキープしていく格好となりましたが、3コーナーから仕掛けたファータグリーンのスパートに対しての反応ではヴィブロスが泰然自若に待ち構えていたのに対し、勝ったビッシュは余裕綽々とついていき、結果ビッシュとヴィブロスとの差は2馬身半つくことになりました。上がり3ハロンでもビッシュが最速をマークしているので、実力差を見せつけられた決着とも言えますが、前走古馬と混じって500万下を勝ち上がってきたこの馬が重賞で3着以内に入ってきたことのある馬たちに割って入る形で2着に入ったこと自体は、まだまだ古くからの紫苑Sらしさが残っていたとも言えますし、ヴィブロス自身の今後ということで言えば、伸び代を感じさせる走りをしっかり見せていたところもあり、秋華賞における穴馬候補として考えてみたくなる一戦でもありました。(複勝210円)
スポンサーサイト





テーマ:レース回顧 - ジャンル:ギャンブル

レース回顧(予想レース) | 17:10:02 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する