FC2ブログ
 
■プロフィール

まつり駿楽

Author:まつり駿楽
血統、ベストパフォーマンス、実績の関係性を重視した競馬予想とクラシックの展望などをしています。2012年2月3日よりキルトクール株式会社の神官として入社。fc2小説ページの他、2019年11月2日より「駿楽牧場」にて執筆活動も展開しています。

http://twitter.com/MATSURIshunraku

http://mixi.jp/show_profile.pl?id=10577262

http://novel.fc2.com/user/7234617/

http://shunraku-bokujou.ldblog.jp/

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

追跡・ビッグアーサー 「芝1200mの君臨者」
先週の日曜日に行われた2つの重賞は、しばらくの間、1番人気馬が勝てない重賞として君臨していましたが、今年は両方とも1番人気馬が勝利し、平穏な決着となりました。特に、スプリンターズSの前哨戦にしてサマースプリントシリーズ最終戦でもあったセントウルSでは、今年の高松宮記念をレコード勝ちしたビッグアーサーが逃げ切り勝ちを収め、現状のスプリント路線においては一枚上手の実力者であることを示していきました。3歳以上の馬が出られる芝1200m重賞の逃げ切り勝ちというと、直近のものでは昨年のセントウルSにおいてアクティブミノルが果たしていましたが、国内の芝1200m・G1である高松宮記念、もしくはスプリンターズSにおいて逃げ切り勝ちが果たされたのは、2010年のスプリンターズSにおけるウルトラファンタジーが最後となっており、逃げ馬による短距離王はあまり生まれないようになっております。今回のこの記事では、その可能性に挑むことになりそうなビッグアーサーについて触れていくことにします。

※驀進王の後継者

今回取り上げることになったビッグアーサーは、スプリンターズS連覇の実績を持つサクラバクシンオーの産駒で、今年の高松宮記念において、14年前の高松宮記念優勝馬であるショウナンカンプに続く父子二代にわたる芝1200m・G1制覇を果たしました。父のサクラバクシンオーは1400m以下のレースにおいて(11-0-0-1)とし、芝1200m戦に限れば(6-0-0-1)と圧倒的な成績を残しておりますが、ビッグアーサーは芝1200m戦の成績を(8-2-0-1)としており、勝利数に関しては既に父を超えています。とは言え、サクラバクシンオーの現役当時は、芝1200mの国内G1がスプリンターズSのみであり、スプリンターズSの連覇を果たす直前に出走したマイルCSにおいて2着に入っているように、マイル戦の走りも一級品のものはありました。

◇サクラバクシンオー産駒による芝1200m重賞の勝利【2015年まで】

ショウナンカンプ…高松宮記念(2002年)、阪急杯(2003年)

シーイズトウショウ…CBC賞(2003年、2006年)、セントウルS(2006年)、函館スプリントS(2004年、2005年)

ニシノチャーミー…函館2歳S(2006年)

アドマイヤホクト…ファルコンS(2007年)

マルブツイースター…小倉2歳S(2007年)

カノヤザクラ…セントウルS(2008年)

サンダルフォン…北九州記念(2009年)

エーシンホワイティ…ファルコンS(2010年)

ヘッドライナー…CBC賞(2010年)

ダッシャーゴーゴー…セントウルS(2010年)、オーシャンS(2011年)、CBC賞(2011年)

スプリングソング…京阪杯(2010年)

スギノエンデバー(現役)…北九州記念(2012年)

ベルカント(現役)…北九州記念(2015年)



そんな”短距離マスター”であるサクラバクシンオーの産駒で、芝1200m重賞勝ちを果たした馬は、昨年までの段階で13頭おり、合計20勝しています。ただ、芝1200m重賞の連勝を果たしたのは、今回のセントウルSにおいて高松宮記念以来の実戦で勝利を収めたビッグアーサーが初めてであり、距離を問わない重賞連勝自体も、過去にはブランディス(2004年1月中山大障害・2004年4月中山グランドジャンプ)、グランプリボス(2010年京王杯2歳S、2010年朝日杯フューチュリティS)、ベルカント(2015年8月アイビスサマーダッシュ・2015年8月北九州記念)の3頭しか果たせていませんでした。そういった意味では、ビッグアーサーはサクラバクシンオーの正統な後継者であることが言え、次走のスプリンターズSにおいて春秋スプリントG1制覇を果たす可能性は大いにあると言えます。

※芝1200m戦を極めること

◇国内芝1200m重賞を連勝してきた高松宮記念、もしくはスプリンターズSの優勝馬【1996年から2015年まで、高松宮記念は1997年以前は高松宮杯として開催】

フラワーパーク(1996年スプリンターズS)…シルクロードS(1996年)→高松宮杯(1996年)

トロットスター(2001年高松宮記念)…CBC賞(2001年)→シルクロードS(2001年)

トロットスター(2001年スプリンターズS)…CBC賞(2001年)→シルクロードS(2001年)→高松宮記念(2001年)

ビリーヴ(2003年高松宮記念)…セントウルS(2002年)→スプリンターズS(2002年)

サニングデール(2004年高松宮記念)…ファルコンS(2002年)→函館スプリントS(2002年)

キンシャサノキセキ(2011年高松宮記念)…オーシャンS(2010年)→高松宮記念(2010年)

カレンチャン(2011年スプリンターズS)…函館スプリントS(2011年)→キーンランドC(2011年)

カレンチャン(2012年高松宮記念)…函館スプリントS(2011年)→キーンランドC(2011年)→スプリンターズS(2011年)

ロードカナロア(2012年スプリンターズS)…京阪杯(2011年)→シルクロードS(2012年)

ロードカナロア(2013年高松宮記念)…同上

ロードカナロア(2013年スプリンターズS)…同上



一方で、今年のスプリンターズSにおけるビッグアーサーは、芝1200m重賞・3連勝をかけた戦いにも挑むことになっていますが、国内芝1200m重賞の連勝実績を持っていた芝1200mのG1ホースは延べ11頭います。ビッグアーサーの場合は、過去の高松宮記念において3頭が達成している”国内重賞未勝利馬による制覇”を果たした馬なので、その点から見てもビッグアーサーの特異な優秀さが垣間見られますが、上記のまとめの中で”国内芝1200m重賞の連勝実績の中にG1優勝実績を含めた上で、国内の芝1200m・G1を複数回勝利した馬”はサニングデール、ロードカナロア以外の5頭が達成しており、ビッグアーサーの春秋スプリントG1制覇を確信しても良さそうな雰囲気があります。

ただし、過去の”国内芝1200m重賞の連勝実績の中にG1優勝実績を含めた上で、国内の芝1200m・G1を複数回勝利した馬”は、いずれも次のG1を勝つ前に着外のレースを経験しており、その経験を経てないビッグアーサーがスプリンターズSにおいて大敗を喫する可能性があります。セントウルSの優勝馬自体、後にG1制覇を果たした例が2002年のビリーヴ1頭だけであるということも懸念材料ですが、セントウルSの優勝馬でスプリンターズSの3位以内入線馬(※)になれた5頭のうち4頭はセントウルSの上がり3ハロンが3番目以内のものだったので、上がり3ハロンという部分では最も遅いタイムを計時してセントウルSを勝ってしまったビッグアーサーを今年のスプリンターズSにおける狙い目から外す選択肢というのは、決して無謀な判断ではないと言えます。

(※・2010年のスプリンターズSにおいて2位入線だったダッシャーゴーゴーは4着に降着)
スポンサーサイト





テーマ:中央競馬 - ジャンル:ギャンブル

馬雑談【追跡】 | 07:03:38 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する