FC2ブログ
 
■プロフィール

まつり駿楽

Author:まつり駿楽
血統、ベストパフォーマンス、実績の関係性を重視した競馬予想とクラシックの展望などをしています。2012年2月3日よりキルトクール株式会社の神官として入社。fc2小説ページの他、2019年11月2日より「駿楽牧場」にて執筆活動も展開しています。

http://twitter.com/MATSURIshunraku

http://mixi.jp/show_profile.pl?id=10577262

http://novel.fc2.com/user/7234617/

http://shunraku-bokujou.ldblog.jp/

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

いざクラシックへ!注目の一頭 2017クラシック世代第17週
昨日の開催を終えたところで、3歳限定G1のトライアル戦は全て終了となりましたが、2歳戦の開催は東西でオープン特別が組まれ、いずれも1戦1勝馬の勝利に終わりました。もっとも、彼らがすんなりと来年のクラシックにおける主役候補になるとは全く考えていませんが、今回のこの記事で紹介するのは、世界の名血がこれでもかと入った馬が勝利した新馬戦についてです。

※9月24日阪神芝1600mメイクデビューより、ミスエルテ

暮れに行われる2歳牝馬G1・阪神ジュベナイルフィリーズと同じ、2歳牝馬限定の阪神芝1600m戦。このレースには、エアスピネルの母・エアメサイアの妹であるデルマコイウタが参戦していましたが、そのデルマコイウタを2着に退けて勝利を収めたのが、今年産駒がデビューしたFrankelの産駒であるミスエルテでした。ミスエルテの母父Pulpitは今年のベルモントSで3着に入った日本調教馬ラニの父でもありますが、今のアメリカ競馬において重要な役割を担っている血統馬であり、欧州と米国のトップを担う血脈が混ざり合った競走馬が日本にいるということに、既に拍手喝采ものといった趣があります。そういった中で、ミスエルテは今回のデビュー戦においてもったままの勝利を演出していきましたが、ディープインパクト、キングカメハメハといった日本のエリート種牡馬から輩出されたエース級の競走馬とどれほど戦えるのか、そして現役を終えた先に待つ繁殖生活をどのように過ごすのか、先々の楽しみがたくさんあるという点でも注目していきたい存在です。
スポンサーサイト





テーマ:中央競馬 - ジャンル:ギャンブル

Road_to_Derby | 06:54:29 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する