■プロフィール

まつり駿楽

Author:まつり駿楽
血統、ベストパフォーマンス、実績の関係性を重視した競馬予想とクラシックの展望などをしています。2012年2月3日よりキルトクール株式会社の神官として入社し、twitterやmixiを密かに更新中。fc2小説ページにて執筆活動も展開しています。

http://twitter.com/MATSURIshunraku

http://mixi.jp/show_profile.pl?id=10577262

http://novel.fc2.com/user/7234617/

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

2016年・三十一の予想 「第77回菊花賞」(◎ディーマジェスティ)【一部修正有】
皐月賞、日本ダービー共にディープインパクト産駒によるワンツースリーが決まった今年の牡馬クラシック戦線。そのフィナーレを飾る今回の菊花賞は4年ぶりに皐月賞馬健在の中で行われるレースになります。一方で、皐月賞馬ディーマジェスティにとっては2001年のマンハッタンカフェを最後に14年間途絶えている”関東馬による菊花賞制覇”や”ディープインパクト産駒の牡馬による、初めての国内G1・2勝馬の誕生”に挑むことになりますが、今回の菊花賞における私の最終的な予想は、”ディーマジェスティVSその他17頭”ということを意識して組み立てることになりました。

(展望記事・第77回菊花賞の”三本柱”【一部修正有】

(参考まとめ記事・レース参考まとめ「第77回菊花賞」

【データルール1・展望記事で該当していたデータの項目番号を、印の横の「」内に記載】

【データルール2・[レ]のデータにおいて出走馬中3頭以下が該当するものであれば、そのデータに”下線”を、1頭のみのものは”【】”を加える】

1枠1番・カフジプリンス(△)「なし」

+・8年連続3着以内入線馬輩出の”日本ダービー後に行われた芝2400m以上のレースを勝ち上がっている馬”[レ]、6年連続3着以内入線馬輩出中の”芝2000m以上の優勝経験を持つ神戸新聞杯出走馬”[レ]、4年連続3着以内入線馬輩出中の”古馬との初対戦を勝利で終えた馬”[レ]

-・4月~6月の東京開催において重賞以外のレースを勝ち上がってきた馬による連対は2006年優勝馬のソングオブウインド以来なし[レ]、特別競走連勝実績を持つ重賞未勝利馬による連対は2010年優勝馬のビッグウィーク以来なし[レ]、3歳夏に北海道のレースを使った馬による連対は2002年2着のファストタテヤマ以来なし[レ]、過去に重賞出走歴を有しながら一度も3着以内に入った経験がない馬による連対は2009年優勝のスリーロールス以来なし[レ]、3歳上半期までに芝2200m戦を勝ち上がってきた馬による連対は2009年2着のフォゲッタブル以来なし[レ]

神戸新聞杯のレースぶりを見る限り、動きが緩慢なところがあるこの馬にとって今回の枠は不利に働きそうですが、ロングスパートへの耐性自体は出走馬の中でトップクラスであることから、上位評価の1頭に据えることにしました。

1枠2番・ジョルジュサンク(…)「なし」

+・6年連続3着以内入線馬輩出中の”芝2000m以上の優勝経験を持つ神戸新聞杯出走馬”[レ]

-・過去に重賞出走歴を有しながら一度も3着以内に入った経験がない馬による連対は2009年優勝のスリーロールス以来なし[レ]、3歳上半期までに芝2200m戦を勝ち上がってきた馬による連対は2009年2着のフォゲッタブル以来なし[レ]

今まで出走してきた重賞レースにおいてこれといった見せ場をほとんど作れておらず、低評価です。

2枠3番・サトノダイヤモンド(○)「1・2」

+・8年連続優勝馬輩出の”3歳時に野芝のみのコースで優勝経験を持つ馬”[レ]、6年連続連対馬輩出の”2か月以内に同じ距離のレースを2勝している馬”[レ]、8年連続3着以内入線馬輩出の”日本ダービー後に行われた芝2400m以上のレースを勝ち上がっている馬”[レ]、6年連続3着以内入線馬輩出中の”芝2000m以上の優勝経験を持つ神戸新聞杯出走馬”[レ]、日本ダービー馬不在のレースとなった直近8回のレースにおいて必ず3着以内入線馬を輩出している”デビューから3戦以内に2勝以上している馬”[レ]

-・京都芝重賞勝ち馬による連対は2007年優勝馬のアサクサキングス以来なし[レ]

今回のレースにおいて勝つ可能性があると見ているのは皐月賞馬のディーマジェスティと日本ダービー2着のこの馬と睨んでいますが、今回のような二強対決の構図ですんなりワンツーフィニッシュが決まったG1は決して多くはありません。その上で、皐月賞馬ディーマジェスティが健在であることを重視して、こちらを二番手評価にとどめておきます。

2枠4番・シュペルミエール(▲)「3」

+・8年連続優勝馬輩出の”3歳時に野芝のみのコースで優勝経験を持つ馬”[レ]、8年連続3着以内入線馬輩出の”日本ダービー後に行われた芝2400m以上のレースを勝ち上がっている馬”[レ]、4年連続3着以内入線馬輩出中の”古馬との初対戦を勝利で終えた馬”[レ]

-・特別競走連勝実績を持つ重賞未勝利馬による連対は2010年優勝馬のビッグウィーク以来なし[レ]

昨年の菊花賞を制したキタサンブラックは2枠4番からのスタートでしたが、その時手綱を取っていたのが今回コンビを組む北村宏司騎手であり、その再現を期待する意味も込めて三番手評価に据えることにしました。

3枠5番・ミライヘノツバサ(…)「なし」

+・8年連続優勝馬輩出の”3歳時に野芝のみのコースで優勝経験を持つ馬”[レ]、6年連続連対馬輩出の”2か月以内に同じ距離のレースを2勝している馬”[レ]

-・重賞以外で中山芝の勝利がある馬による連対は2004年優勝のデルタブルース以来なし[レ]、3歳夏に北海道のレースを使った馬による連対は2002年2着のファストタテヤマ以来なし[レ]、過去に重賞出走歴を有しながら一度も3着以内に入った経験がない馬による連対は2009年優勝のスリーロールス以来なし[レ]、3歳上半期までに芝2200m戦を勝ち上がってきた馬による連対は2009年2着のフォゲッタブル以来なし[レ]

初勝利、2勝目と芝2200m戦であげながら、3勝目が芝2000m戦という部分がネックと感じており、実力的にも厳しいと見ています。

3枠6番・ディーマジェスティ(◎)「1」

+・【クラシックのフルゲートが18頭立てに定められた1992年以降で、下半期初戦を勝ち上がってきた皐月賞馬の成績は(4-1-0-0)[レ]】、8年連続優勝馬輩出の”3歳時に野芝のみのコースで優勝経験を持つ馬”[レ]

-・2007年以降の日本ダービー3着馬による3歳下半期の国内G1初戦(0-0-1-4)[自]

セントライト記念組の不遇は昨年のキタサンブラックの勝利によって払拭されましたが、現役最強の長距離巧者である蛯名正義騎手とのコンビで菊花賞に臨むのであれば、冒頭に書いた二つの挑戦を難なく乗り越えると見て本命にします。

4枠7番・レッドエルディスト(…)「なし」

+・5年連続3着以内入線馬を輩出している”重賞で3着以内に来たことがある2勝馬”[レ]、6年連続連対馬輩出の”2か月以内に同じ距離のレースを2勝している馬”[レ]、6年連続3着以内入線馬輩出中の”芝2000m以上の優勝経験を持つ神戸新聞杯出走馬”[レ]、日本ダービー馬不在のレースとなった直近8回のレースにおいて必ず3着以内入線馬を輩出している”デビューから3戦以内に2勝以上している馬”[レ]

-・【同一距離の勝利しかない神戸新聞杯3着馬(0-1-1-3)[レ]】、3歳上半期までに芝2200m戦を勝ち上がってきた馬による連対は2009年2着のフォゲッタブル以来なし[レ]

G1でゼンノロブロイ産駒に期待をすることは酷であると見ており、無印評価です。

4枠8番・ミッキーロケット(…)「3」

+・6年連続連対馬輩出の”関西芝重賞で連対実績を持ち、かつ関東重賞で着外になった経験を持つ馬”[レ]、6年連続連対馬輩出の”2か月以内に同じ距離のレースを2勝している馬”[レ]、6年連続3着以内入線馬輩出中の”芝2000m以上の優勝経験を持つ神戸新聞杯出走馬”[レ]、4年連続3着以内入線馬輩出中の”古馬との初対戦を勝利で終えた馬”[レ]

-・【2007年以降の神戸新聞杯の連対馬で神戸新聞杯が芝2000m以上のオープン初連対だった時は(0-0-1-4)[レ]】、3歳夏に北海道のレースを使った馬による連対は2002年2着のファストタテヤマ以来なし[レ]

関東のレース以外で(3-5-0-0)としている成績は光りますが、キングカメハメハ産駒による菊花賞3着以内入線実績が2010年2着のローズキングダムのみとなっていることを考えると決して高い評価は与えられません。

5枠9番・イモータル(△)「なし」

+・【3年連続連対馬輩出中の”芝1800m戦でキャリア初勝利をマークしている、天皇賞【春】優勝馬の産駒”[レ]】

-・3歳戦未勝利馬による連対は2008年2着のフローテーション以来なし[レ]

関西馬でありながら京都競馬場でのレースは今回が初めてですが、父が15年前の菊花賞馬マンハッタンカフェで、母系も比較的長距離志向の強い血統であることから、血統的に今回の舞台で好走する要素はあると見ています。また、管理している須貝尚介厩舎は4年前にゴールドシップで菊花賞を勝利していますし、管理馬の傾向的に天邪鬼なところがあるので、狙い目に残しておきたい1頭と判断しました。

5枠10番・ウムブルフ(キルトクール)「3」

+・8年連続3着以内入線馬輩出の”日本ダービー後に行われた芝2400m以上のレースを勝ち上がっている馬”[レ]、4年連続3着以内入線馬輩出中の”古馬との初対戦を勝利で終えた馬”[レ]

-・4月~6月の東京開催において重賞以外のレースを勝ち上がってきた馬による連対は2006年優勝馬のソングオブウインド以来なし[レ]、3歳夏に北海道のレースを使った馬による連対は2002年2着のファストタテヤマ以来なし[レ]、過去に重賞出走歴を有しながら一度も3着以内に入った経験がない馬による連対は2009年優勝のスリーロールス以来なし[レ]

今回の菊花賞において二強がどちらも勝たないのであれば、データ的にはこのウムブルフが最も勝利に近い存在ではありますが、札幌戦からのぶっつけ本番というキャリアに加え、日本人騎手を乗せた経験が一度しかないことがないことがネックと見て、今回の菊花賞におけるキルトクール指名馬となりました。

6枠11番・レインボーライン(…)「なし」

+・6年連続連対馬輩出の”関西芝重賞で連対実績を持ち、かつ関東重賞で着外になった経験を持つ馬”[レ]、6年連続連対馬輩出の”2か月以内に同じ距離のレースを2勝している馬”[レ]

-・3歳夏に北海道のレースを使った馬による連対は2002年2着のファストタテヤマ以来なし[レ]

前走札幌記念において国内外のマイルG1を4連勝してきたモーリスとクビ差の争いに持ち込んで3着に入り、実力があるところは見せましたが、札幌記念の好走は菊花賞に向けてプラスに働くことがないため、軽視の方向です。

6枠12番・コスモジャーベ(…)「なし」

+・8年連続優勝馬輩出の”3歳時に野芝のみのコースで優勝経験を持つ馬”[レ]

-・4月~6月の東京開催において重賞以外のレースを勝ち上がってきた馬による連対は2006年優勝馬のソングオブウインド以来なし[レ]

10年前の菊花賞においてメイショウサムソンの三冠制覇を阻んだソングオブウインドを父に持つこの馬ですが、父と比べると速さに欠ける印象で、狙い目には入れないことにしました。

7枠13番・エアスピネル(…)「なし」

+・5年連続3着以内入線馬を輩出している”重賞で3着以内に来たことがある2勝馬”[レ]、6年連続連対馬輩出の”関西芝重賞で連対実績を持ち、かつ関東重賞で着外になった経験を持つ馬”[レ]、日本ダービー馬不在のレースとなった直近8回のレースにおいて必ず3着以内入線馬を輩出している”デビューから3戦以内に2勝以上している馬”[レ]

-・京都芝重賞勝ち馬による連対は2007年優勝馬のアサクサキングス以来なし[レ]、3歳戦未勝利馬による連対は2008年2着のフローテーション以来なし[レ]

祖母の弟が2000年の菊花賞馬エアシャカールで、母系自体は今回の舞台で躍動する可能性がありますが、神戸新聞杯の走りを見ていると、今回のレースは荷が重いように感じられたことから、狙いから外すことにしました。

7枠14番・アグネスフォルテ(…)「なし」

+・6年連続連対馬輩出の”関西芝重賞で連対実績を持ち、かつ関東重賞で着外になった経験を持つ馬”[レ]、6年連続3着以内入線馬輩出中の”芝2000m以上の優勝経験を持つ神戸新聞杯出走馬”[レ]

-・3歳戦未勝利馬による連対は2008年2着のフローテーション以来なし[レ]

ゼンノロブロイ産駒と同様にG1では存在感が薄いハービンジャー産駒であるという部分がネックであり、無印です。

7枠15番・サトノエトワール(…)「なし」

+・4年連続3着以内入線馬輩出中の”古馬との初対戦を勝利で終えた馬”[レ]

-・3歳上半期までに芝2200m戦を勝ち上がってきた馬による連対は2009年2着のフォゲッタブル以来なし[レ]

京都で(1-0-0-5)という実績から、狙える馬ではないと判断しました。

8枠16番・プロディガルサン(…)「なし」

+・5年連続3着以内入線馬を輩出している”重賞で3着以内に来たことがある2勝馬”[レ]、日本ダービー馬不在のレースとなった直近8回のレースにおいて必ず3着以内入線馬を輩出している”デビューから3戦以内に2勝以上している馬”[レ]

-・セントライト記念で3着以下に負けたダービー出走馬は2000年以降3着以内なし[レ]、重賞以外で中山芝の勝利がある馬による連対は2004年優勝のデルタブルース以来なし[レ]、3歳戦未勝利馬による連対は2008年2着のフローテーション以来なし[レ]

昨年の2着馬リアルスティールの全弟にあたるこの馬ですが、皐月賞2着の実績もあった兄とは違い、クラシック路線の軌道に上手く乗れなかったことがマイナスポイントであり、この菊花賞において初めて長距離輸送を経験することも懸念材料となることから、狙い目から外すことにしました。

8枠17番・ジュンヴァルカン(…)「なし」

+・4年連続3着以内入線馬輩出中の”古馬との初対戦を勝利で終えた馬”[レ]

-・特別競走連勝実績を持つ重賞未勝利馬による連対は2010年優勝馬のビッグウィーク以来なし[レ]、3歳上半期までに芝2200m戦を勝ち上がってきた馬による連対は2009年2着のフォゲッタブル以来なし[レ]、”関西の3歳500万下・芝2400m”を勝ち上がってきた馬による、秋の3歳重賞連対はなし[自]

今年の6月以来の実戦という時点でだいぶ大きなマイナス材料ですが、血統的に長距離要素がほとんどなく、積極的に狙える馬ではないと見ました。

8枠18番・マウントロブソン(…)「なし」

+・6年連続連対馬輩出の”2か月以内に同じ距離のレースを2勝している馬”[レ]

-・セントライト記念で3着以下に負けたダービー出走馬は2000年以降3着以内なし[レ]、重賞以外で中山芝の勝利がある馬による連対は2004年優勝のデルタブルース以来なし[レ]

競走能力の高さ自体は3歳春の一連の戦いで垣間見られましたが、枠の不利もさることながら、血統的にディープインパクト産駒の中で菊花賞に最も不向きの存在と見ており、無印の扱いにすることにしました。



単勝

ディーマジェスティ

サトノダイヤモンド

複勝

イモータル

馬連(フォーメーション)

(1頭目)ディーマジェスティ、サトノダイヤモンド

(2頭目)シュペルミエール、カフジプリンス、イモータル

三連単

サトノダイヤモンド→イモータル→ディーマジェスティ

☆勝負のワンツースリー

ディーマジェスティ→シュペルミエール→カフジプリンス
スポンサーサイト


テーマ:中央競馬(JRA)予想 - ジャンル:ギャンブル

2016年のレース予想 | 17:38:31 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad