■プロフィール

まつり駿楽

Author:まつり駿楽
血統、ベストパフォーマンス、実績の関係性を重視した競馬予想とクラシックの展望などをしています。2012年2月3日よりキルトクール株式会社の神官として入社し、twitterやmixiを密かに更新中。fc2小説ページにて執筆活動も展開しています。

http://twitter.com/MATSURIshunraku

http://mixi.jp/show_profile.pl?id=10577262

http://novel.fc2.com/user/7234617/

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

2月11日・2月12日の三重賞回顧
2月11日の小倉開催が積雪により13日に順延となり、今週の競馬がまだ終わっていない中央競馬ですが、そんな中で、土曜、日曜合わせて3つの重賞が行われました。東京では2つの3歳重賞が、京都では海外重賞勝ち馬による対決が繰り広げられましたが、どのレースも先々が楽しみになるものだったと感じています。

※第52回クイーンC

1着・アドマイヤミヤビ(父ハーツクライ)

2着・アエロリット(父クロフネ)

3着・フローレスマジック(父ディープインパクト)

ラップタイム・12.3 - 11.1 - 11.4 - 12.0 - 12.3 - 11.3 - 11.2 - 11.6

昨年は2歳女王・メジャーエンブレムが2着馬に対して5馬身差をつけ、1分32秒6というレースレコードを打ち立てたクイーンC。今年は上位5頭が1分34秒台の壁をぶち破りましたが、上位3頭はいずれもメジャーエンブレムと同じノーザンファーム生産馬であり、日本の牝馬戦線におけるノーザンファームの存在感の大きさをまざまざと見せつける格好となりました。

その上で勝利したアドマイヤミヤビは、前走百日草特別で後の京都2歳S優勝馬カデナを負かしてきた3歳牝馬で、5年前の優勝馬にして後にヴィクトリアマイル連覇を果たしたヴィルシーナと同様に、400mの距離短縮も難なくこなしていきました。今後のクラシック戦線を占う意味においては、鞍上が昨年の阪神ジュベナイルフィリーズを勝利したソウルスターリングともコンビを組んでいるクリストフ・ルメール騎手であるという点が懸念材料となりますが、素材自体はG1の1つ、2つは勝っても不思議ではないところを見せられたように思われます。また、2着馬のアエロリット、3着馬のフローレスマジックは既に別の牝馬限定の芝1600m重賞で連対実績を有しており、こちらも桜花賞における有力候補として見られそうです。

※第110回京都記念

1着・サトノクラウン(父Marju)

2着・スマートレイアー(父ディープインパクト)

3着・マカヒキ(父ディープインパクト)

ラップタイム・13.0 - 11.5 - 11.9 - 11.8 - 12.0 - 12.6 - 12.9 - 12.4 - 12.3 - 11.9 - 11.8

昨年の日本ダービー馬マカヒキと昨年の京都記念優勝馬にして年末の香港ヴァーズを制したサトノクラウンの対決が大きくクローズアップされていた今年の京都記念。人気順においては、今年の日経新春杯を制した4歳馬ミッキーロケットがその間に割って入りつつも、マカヒキに軍配が上がっていましたが、道中離れた3番手を追走してきたサトノクラウンがパワフルな末脚を披露し、サトノクラウンと共に香港ヴァーズに出走したスマートレイアーに対して1馬身4分の1の差をつけて連覇を達成しました。

さて、今回連覇を達成したサトノクラウンですが、日本のレースにおいてはG1以外のレースで無敗記録を継続することとなりました。これまでのレースぶりを踏まえると、道中は終盤まで緩い流れが演出され、かつ瞬間的な速さが問われないレースが特に強いといった趣があることから、日本でG1を勝つチャンスがあるとすれば、天皇賞【春】ではないかと考えられます。一方で、香港ヴァーズで5着に入ったスマートレイアーが今回のレースで2着に入りましたが、この結果を鑑みるに、12月のレースに出ていることが京都記念におけるアドバンテージになるのではないかと思われます。

※第51回共同通信杯

1着・スワーヴリチャード(父ハーツクライ)

2着・エルトディーニュ(父エイシンサンディ)

3着・ムーヴザワールド(父ディープインパクト)

ラップタイム・12.6 - 11.6 - 11.8 - 12.3 - 12.3 - 12.2 - 11.6 - 11.4 - 11.7

2012年のゴールドシップを皮切りに、近5年の優勝馬のうち3頭が後に皐月賞を勝っている共同通信杯。今年は皐月賞が行われる中山芝2000m戦と関連性が強い東京芝1800m戦を前走使って3着以内に入ってきた3頭が上位独占を果たすことになりましたが、今回勝利を収めたスワーヴリチャードは前走東京スポーツ杯2歳Sで2着に入ってきた馬でした。今回のレースにおいて2着馬に2馬身半の差をつけてきており、このことは今年のクラシック戦線において他のライバル馬に対して一歩抜け出した印象を与えることになりました。
スポンサーサイト


テーマ:レース回顧 - ジャンル:ギャンブル

レース回顧(予想レース以外) | 22:05:37 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad