■プロフィール

Author:まつり駿楽
血統、ベストパフォーマンス、実績の関係性を重視した競馬予想とクラシックの展望などをしています。2012年2月3日よりキルトクール株式会社の神官として入社し、twitterやmixiを密かに更新中。fc2小説ページにて執筆活動も展開しています。

http://twitter.com/MATSURIshunraku

http://mixi.jp/show_profile.pl?id=10577262

http://novel.fc2.com/user/7234617/

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

先週の芝三重賞回顧
2月も残すところ5日となりましたが、明後日から中央競馬では8週連続で中山・阪神の開催が組まれています。今年から大阪杯がG1に昇格され、その周辺の重賞にどういった影響をもたらすのかも気になるところですが、この記事では先週開催されたフェブラリーS以外の三重賞を簡単に振り返っていきます。

※京都牝馬S

1着・レッツゴードンキ(父キングカメハメハ)

2着・ワンスインナムーン(父アドマイヤムーン)

3着・スナッチマインド(父ディープインパクト)

ラップタイム・12.6 - 11.6 - 11.6 - 12.0 - 12.0 - 11.2 - 11.5

”父キングカメハメハ、母の二代父サンデーサイレンス”の2頭が人気上位を占めていた今年の京都牝馬Sですが、一昨年の桜花賞馬で1番人気に支持されていたレッツゴードンキがその時以来の勝利を収めることとなりました。昨年の高松宮記念からベースにしてきた後ろに控えての末脚勝負で結果を残し、呪縛となっていた桜花賞の逃げ切りから解放された趣すらありましたが、今回は古馬になってからの最低体重よりも26kgも増量しており、今後の体重管理がどのようなものになるのかにも注目したいところであります。

※ダイヤモンドS

1着・アルバート(父アドマイヤドン)

2着・ラブラドライト(父キングカメハメハ)

3着・カフジプリンス(父ハーツクライ)

ラップタイム・12.9 - 12.4 - 13.0 - 13.0 - 13.0 - 12.9 - 13.0 - 13.8 - 13.6 - 13.0 - 12.7 - 12.7 - 12.5 - 12.3 - 11.6 - 11.3 - 11.5

ステイヤーズS連覇を果たしたアルバートが、その立場となって初めてダイヤモンドS連覇を達成していたフェイムゲームと相対することとなった今年のダイヤモンドS。両者共に後方からの競馬となり、2周目の4コーナーでは馬群の最後尾に内にフェイムゲーム、外にアルバートという態勢となりましたが、直線に入ってからの伸び脚はアルバートの方が完全に勝っており、2周目の2コーナーから2番手をキープして先に抜け出しを図っていたラブラドライトをアルバートが1馬身4分の1の差をつけて差し切るという競馬を見せました。アルバートは重賞3勝目となった今回もライアン・ムーア騎手に導かれており、このコンビこそが長距離戦におけるゴールデンコンビといった感じもありますが、牝系自体は2005年の日本ダービーで2着に入り、京都の芝G2を2勝しているインティライミ、2012年の秋華賞と2013年のエリザベス女王杯で共に3着に入ったアロマティコと同じであり、天皇賞【春】において優勝争いに絡まない形で上位争いを繰り広げそうな雰囲気があります。

※小倉大賞典

1着・マルターズアポジー(父ゴスホークケン)

2着・ヒストリカル(父ディープインパクト)

3着・クラリティスカイ(父クロフネ)

ラップタイム・12.2 - 11.1 - 11.5 - 11.4 - 11.4 - 11.7 - 11.7 - 11.9 - 12.9

池江泰寿厩舎所属馬が人気上位のワンツーを飾っていた今年の小倉大賞典。しかし、レースの主役に立ったのは昨年の福島記念を逃げ切り、有馬記念においても最終コーナーまで先頭を死守していたマルターズアポジーで、終始息の入らない逃げで昨年のチャレンジCを勝利したマイネルハニーの追走をねじ伏せると、そのままゴールまで押し切って、2着のヒストリカルに2馬身差をつけて勝利を収めました。関東馬による小倉大賞典制覇が43年ぶりとなった今回のレースですが、小倉大賞典において走破時計が1分46秒0を切ってきたのは今回で4回目となりました。その中で、小倉大賞典制覇時点で4歳馬だったラストインパクトを除いては小倉大賞典の勝利が最後の勝利となってしまいましたが、マルターズアポジーは今回の勝利をもって有馬記念以外の重賞における成績を(2-0-1-0)としており、今後も中距離の逃げ馬としては要警戒の存在と見ています。
スポンサーサイト


テーマ:レース回顧 - ジャンル:ギャンブル

レース回顧(予想レース以外) | 18:07:46 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad