■プロフィール

Author:まつり駿楽
血統、ベストパフォーマンス、実績の関係性を重視した競馬予想とクラシックの展望などをしています。2012年2月3日よりキルトクール株式会社の神官として入社し、twitterやmixiを密かに更新中。fc2小説ページにて執筆活動も展開しています。

http://twitter.com/MATSURIshunraku

http://mixi.jp/show_profile.pl?id=10577262

http://novel.fc2.com/user/7234617/

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

2月最終週の三重賞回顧
昨日、一昨日と2月最後の開催が行われていた中央競馬ですが、そこで行われた3つの重賞は様々な意味で思いがけない結果をもたらしていきました。この記事では「今年の競馬は歴史的にも稀に見る乱戦に次ぐ乱戦になるのではないか」と感じさせた2月最終週の三重賞の回顧をじっくりと行っていきます。

※アーリントンC

1着・ペルシアンナイト(父ハービンジャー)

2着・レッドアンシェル(父マンハッタンカフェ)

3着・ディバインコード(父マツリダゴッホ)

ラップタイム・12.3 - 11.0 - 12.0 - 11.9 - 11.9 - 11.4 - 11.3 - 12.3

昨年の新潟2歳S優勝馬ヴゼットジョリー、今年のシンザン記念優勝馬キョウヘイと、マイル重賞勝ち馬が2頭も出てきていた今年のアーリントンC。しかし、ヴゼットジョリーもキョウヘイも今回のレースにおいてこれといった見せ場はなく、キョウヘイの少し前に位置していたペルシアンナイトとレッドアンシェルが直線に入って爆発的な末脚を発揮していきました。

その上で今回勝利を収めたペルシアンナイトは、2着のレッドアンシェルに対して3馬身差をつける強い競馬を見せましたが、この着差は今年の3歳重賞の中では最も大きな差となりました。仮に今回コンビを組んだミルコ・デムーロ騎手がこのままペルシアンナイトと継続してコンビを組むようなことがあれば、今年のクラシックにおける有力候補として名乗りを上げることができそうですが、世代限定のG3戦までは強いのがハービンジャー産駒の特徴であり、この壁をぶち破れるかどうか、要注目といったところです。

※阪急杯

1着・トーキングドラム(父キングカメハメハ)

2着・ヒルノデイバロー(父マンハッタンカフェ)

3着・ナガラオリオン(父アドマイヤマックス)

ラップタイム・12.1 - 10.7 - 11.0 - 11.7 - 11.7 - 12.0 - 12.2

前日のアーリントンCより200m短い芝1400m戦として開催される阪急杯。今年は前走勝ち馬が今回と同じコースの阪神Cを勝ち上がったシュウジのみで、そのシュウジが断然の1番人気に支持されていましたが、ミッキーアイルが逃げ切った昨年のレース、あるいはコパノリチャードが逃げ切った3年前と同じ立ち上がりの600mの通過タイムでありながら、最後の直線では道中3番手追走のシュウジを含めた先行勢が壊滅状態に陥りました。結果、中団より少し後方の内でそつなく立ち回ってきたトーキングドラムとヒルノデイバローのマッチレースに持ち込まれ、最後は頭差でトーキングドラムがヒルノデイバローの追撃を振り切る格好となりました。今回の上位2頭は前走着順で言えばシュウジに次ぐ4着としており、その時と大差ない状態で臨めたのが好走の要因のようにも思えますが、このレースの結果を受けて芝1200m路線の混戦ぶりには拍車がかかった感じで、今年は当ブログにおいて芝1200mの重賞予想は止めておこうかなと考えていたりもします。

※中山記念

1着・ネオリアリズム(父ネオユニヴァース)

2着・サクラアンプルール(父キングカメハメハ)

3着・ロゴタイプ(父ローエングリン)

ラップタイム・12.6 - 12.2 - 12.6 - 12.9 - 11.1 - 11.6 - 11.6 - 11.3 - 11.7

今年からG1に昇格した大阪杯に向けて、優勝馬に優先出走権が得られるようになった、今年で91回目を迎えた中山記念。昨年の安田記念を逃げ切ったロゴタイプがスローな逃げを演出しようとしたところ、向正面中間辺りから昨年の函館記念優勝馬マイネルミラノがかかり気味に先手を奪って一気のペースアップが図られましたが、そのペースアップを利用して最内から落ち着きを取り戻してスパートをかけたネオリアリズムが直線の後半で先頭に立つと、ネオリアリズムの後ろから虎視眈々と位置を上げにかかったサクラアンプルールの追撃を4分の3馬身差凌いで勝利を収めました。鞍上のミルコ・デムーロ騎手にとってはネオリアリズムとのコンビは初めてだったものの、自身とのコンビで2003年の春クラシック二冠を制したネオユニヴァースの息子ということもあってかツボを押さえた走りを披露したといった趣もあり、管理する堀宣行厩舎と共に中山記念連覇を達成することとなりました。また、ネオリアリズムについては昨年の札幌記念に次いで重賞2勝目となりましたが、その時と同様に大物食いを果たしており、今回のような条件が最も合うと言っても過言ではないのかもしれません。

そして、今回のレースで4回目の出走となったロゴタイプは2014年に次いで二度目の3着に入りましたが、昨年のレース以外では3着以内を確保しており、中山記念を2勝した父ローエングリンの産駒らしいしぶといレースぶりに感嘆しつつも、昨年の優勝馬であるドゥラメンテの強さを改めて感じ入るものがありました。その上で、絶対王者不在のレースにおける存在感に対しては今後とも注意を払っておく必要があるようにも感じ取りました。
スポンサーサイト


テーマ:レース回顧 - ジャンル:ギャンブル

レース回顧(予想レース以外) | 23:34:19 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad