FC2ブログ
 
■プロフィール

まつり駿楽

Author:まつり駿楽
血統、ベストパフォーマンス、実績の関係性を重視した競馬予想とクラシックの展望などをしています。2012年2月3日よりキルトクール株式会社の神官として入社。fc2小説ページの他、2019年11月2日より「駿楽牧場」にて執筆活動も展開しています。

http://twitter.com/MATSURIshunraku

http://mixi.jp/show_profile.pl?id=10577262

http://novel.fc2.com/user/7234617/

http://shunraku-bokujou.ldblog.jp/

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

【5着VS15着】 第47回高松宮記念回顧
昨年に続き、前走シルクロードS出走の重賞未勝利馬が勝利を収めた高松宮記念。スプリント界における新陳代謝の激しさをまざまざと見せつけられる格好となりましたが、その中身について簡単に振り返っておこうと思います。

1着・セイウンコウセイ(父アドマイヤムーン)

2着・レッツゴードンキ(父キングカメハメハ)

3着・レッドファルクス(父スウェプトオーヴァボード)

(予想記事・2017年・四の予想 「第47回高松宮記念」(フィエロVSシュウジ)

ラップタイム・12.3 - 10.3 - 11.2 - 11.4 - 11.3 - 12.2

終日雨がぱらついていた中京競馬場でしたが、やや重の中で開催された今回の高松宮記念における前半600mは、中京競馬場リニューアル後の2012年以降では2番目に速い立ち上がりとなりました。この先行争いを演出したのが、ラインスピリットやシュウジ、あるいはトウショウピストといった面々でしたが、勝ったセイウンコウセイはシュウジの背後についていき、最後の直線ではシュウジを外から交わして先頭に立っていきました。2着馬、3着馬が荒れた内ラチ沿いの馬場を選択したのに対し、勝ったセイウンコウセイは馬場の3分どころから脚を伸ばしており、そこが末脚を伸ばすのに理想的なコース取りだったと言えますが、上位5頭がいずれも4枠から内側のスタートだったことを鑑みるに、基本的には内側の前目で立ち回ってきた馬たちが優位に立てるレースであったように思われます。

◎・フィエロ(5着)

勝ったセイウンコウセイが6番枠、2着のレッツゴードンキが3番枠からのスタートとなったのに対し、フィエロは2番枠からのスタートとなりましたが、出足が芳しくなく、後方からの競馬を余儀なくされました。上がり3ハロンでは2着のレッツゴードンキに次ぐ速い脚を披露しましたが、前半のロスを補うには至らず、5着に入るのがやっとといった感じ。それでも、上位5頭の中では最も立ち回りに苦労した馬であり、今後芝1200m戦線を主戦とするならば、重賞制覇のチャンスはあるように思われます。

キルトクール・シュウジ(15着)

スタートから積極果敢にハナを取りにいったシュウジでしたが、最後の直線を迎える頃には手応えをなくしてしまいました。今回のセイウンコウセイのレースぶりは、昨年のレースを制したビッグアーサーとほぼ同じ形であり、高松宮記念における勝ちパターンを見せつけられた印象もありますが、同時にシュウジのだらしなさも垣間見られたレースであり、今年のサマースプリントシリーズ以降の立ち回りで真価が問われそうな雰囲気があります。
スポンサーサイト





テーマ:レース回顧 - ジャンル:ギャンブル

レース回顧(予想レース) | 16:35:48 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する