■プロフィール

まつり駿楽

Author:まつり駿楽
血統、ベストパフォーマンス、実績の関係性を重視した競馬予想とクラシックの展望などをしています。2012年2月3日よりキルトクール株式会社の神官として入社し、twitterやmixiを密かに更新中。fc2小説ページにて執筆活動も展開しています。

http://twitter.com/MATSURIshunraku

http://mixi.jp/show_profile.pl?id=10577262

http://novel.fc2.com/user/7234617/

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

高松宮記念以外の三重賞回顧【一部追記有】
高松宮記念の開催があった先日の日本競馬は高松宮記念を含めて4つの重賞が行われました。このところ、競馬に対する情熱や勘みたいなものに陰りが見られなくもなかったりしますが、そのリハビリも兼ねながら高松宮記念以外の三重賞を簡単に振り返っておこうと思います。

※第64回毎日杯

1着・アルアイン(父ディープインパクト)

2着・サトノアーサー(父ディープインパクト)

3着・キセキ(父ルーラーシップ)

ラップタイム・12.5 - 11.1 - 11.6 - 12.2 - 12.7 - 12.0 - 11.1 - 11.3 - 12.0

現行の芝1800m戦となってからは史上初、それ以前のものを含めても13年ぶりに出走頭数が10頭を割った今年の毎日杯。結果としては、池江泰寿厩舎所属のディープインパクト産駒によるワンツーフィニッシュとなりましたが、前走シンザン記念で6着に敗れたアルアインが、前走きさらぎ賞2着のサトノアーサーの追撃を半馬身差振り切って勝利を収めました。勝ちタイムは3年ぶりに1分46秒台となりましたが、過去に1分46秒台で毎日杯を勝ったディープスカイとキズナとマイネルフロストは、いずれも日本ダービーで3着以内を確保しており、この時点で今年の日本ダービーにおける好走馬の1頭を見つけられたような気がしています。

※第65回日経賞

1着・シャケトラ(父マンハッタンカフェ)

2着・ミライヘノツバサ(父ドリームジャーニー)

3着・アドマイヤデウス(父アドマイヤドン)

ラップタイム・6.9 - 11.4 - 12.3 - 12.3 - 12.2 - 12.9 - 12.5 - 12.2 - 12.0 - 11.9 - 11.8 - 11.8 - 12.6

昨年の皐月賞馬ディーマジェスティ、一昨年の有馬記念優勝馬ゴールドアクターを筆頭に、レース史上初となるフルゲート16頭立てのレースとなった今年の日経賞。勝ったシャケトラはキャリア6戦目にして初めての重賞勝ちを決め、天皇賞【春】への優先出走権を獲得しましたが、4歳馬によるワンツーフィニッシュはフェノーメノが勝利した2013年以来となります。フェノーメノは日経賞に続いて天皇賞【春】も制していきましたが、シャケトラも父が天皇賞【春】優勝馬であることから、好走の可能性は大いにあると見ています。

※第24回マーチS

1着・インカンテーション(父シニスターミニスター)

2着・ディアデルレイ(父キングカメハメハ)

3着・アルタイル(父カネヒキリ)

ラップタイム・12.7 - 11.7 - 12.2 - 12.1 - 12.0 - 12.7 - 12.3 - 12.5 - 13.8

高松宮記念の10分前に発送時刻を迎えていた中山ダート1800mのハンデ重賞・マーチS。今年の川崎記念で3着に入ったコスモカナディアンが1番人気に推されていましたが、57.5kgの斤量を背負っていたインカンテーションが、3番手からの抜け出しを図って、2015年5月の平安S以来となる勝利を収めました。1着から13着まで1秒0以内の差に収まっており、ハンデキャッパーのいぶし銀的な仕事っぷりも冴えていましたが、インカンテーション自身のキャリアから言えば、オープン入りを果たしてから初めて直線で上り坂のあるコースで勝利を収めたということで、7歳馬ながら新境地に達したという趣があります。もっとも、マーチSの優勝馬が更なる重賞制覇を果たした例は、中山開催で限った話をすれば2009年のエスポワールシチーまで遡らねばならず、今回の勝利が最後の花道となる可能性も捨てきれません。
スポンサーサイト


テーマ:レース回顧 - ジャンル:ギャンブル

レース回顧(予想レース以外) | 07:04:41 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad