■プロフィール

まつり駿楽

Author:まつり駿楽
血統、ベストパフォーマンス、実績の関係性を重視した競馬予想とクラシックの展望などをしています。2012年2月3日よりキルトクール株式会社の神官として入社し、twitterやmixiを密かに更新中。fc2小説ページにて執筆活動も展開しています。

http://twitter.com/MATSURIshunraku

http://mixi.jp/show_profile.pl?id=10577262

http://novel.fc2.com/user/7234617/

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

【1着VS4着】 第61回大阪杯の回顧
G1馬3頭が単勝10倍以下のオッズをつけていた新G1・大阪杯でしたが、終わってみればG1・3勝のキタサンブラックによる独壇場が繰り広げられました。

1着・キタサンブラック(父ブラックタイド)

2着・ステファノス(父ディープインパクト)

3着・ヤマカツエース(父キングカメハメハ)

(予想記事・2017年・五の予想 「第61回大阪杯」(キタサンブラックVSマカヒキ)

※理想の競走馬

ラップタイム・12.3 - 11.1 - 12.1 - 12.1 - 12.0 - 12.2 - 11.8 - 11.7 - 11.6 - 12.0

有馬記念でハナを奪ったマルターズアポジー、今年の金鯱賞において2着に逃げ粘ったロードヴァンドールを相手にどんな競馬を披露するのかに注目が集まっていたキタサンブラック。そのスタートは一歩目がやや遅れ気味になったものの、そこからの加速で3番手のインを確保し、後続を離して逃げたマルターズアポジーとの差を必要以上につけられないようにしながらレースを進めていました。その上で、マルターズアポジーが打った逃げは12秒5を上回るような緩いラップを演出させることがなく、まさに競走馬としての地力が問われるような流れに持ち込まれましたが、4コーナーで後続の動きを確かめる余裕があったキタサンブラックにとっては理想的な展開になったという感じで、終始キタサンブラックをマークしてきたステファノスに対して4分の3馬身差のリードを取ってキタサンブラックが勝利することになりました。

◎・キタサンブラック(1着)

昨年の大阪杯から武豊騎手とコンビを組むようになってからというもの、今回のレースを含めて(4-2-1-0)としたキタサンブラック。昨年のジャパンCを除いては、勝っても負けても1馬身未満の差の中で決着をつけてきていますが、前述の通りに無駄のない理想的な走りを展開している以上、これを負かすのは容易なものではなく、18頭立ての大外枠に入ってもなお同じような結果を得られるようであるならば、国内においては無敵であると言わざるを得ません。(単勝240円、複勝110円)

キルトクール・マカヒキ(4着)

さて、今回は大外枠からのスタートとなったマカヒキでしたが、道中は折り合いに専念して後方から3頭目の位置でレースを進めてきました。昨年の皐月賞を彷彿とさせるようなレース展開に持ち込んだかに思われましたが、直線に入ってからの脚はさほど目立ったものではなく、向正面で最後方まで下げたアンビシャスの豪脚に頭差先着するのがやっとという有様でした。日本ダービーまで連対率100%を確保してきたとは言え、日本ダービーがG1初制覇の舞台であるという”重荷”は想像以上にキツイものであることをまざまざと見せつけられたという感じもある敗戦ですが、日本ダービーでは馬群を割って勝利を収めてきており、そういったレースになるのであれば、まだ見限るのは早いかもしれません。
スポンサーサイト


テーマ:レース回顧 - ジャンル:ギャンブル

レース回顧(予想レース) | 20:15:45 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad