■プロフィール

まつり駿楽

Author:まつり駿楽
血統、ベストパフォーマンス、実績の関係性を重視した競馬予想とクラシックの展望などをしています。2012年2月3日よりキルトクール株式会社の神官として入社し、twitterやmixiを密かに更新中。fc2小説ページにて執筆活動も展開しています。

http://twitter.com/MATSURIshunraku

http://mixi.jp/show_profile.pl?id=10577262

http://novel.fc2.com/user/7234617/

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

第77回桜花賞と第77回皐月賞の”ヒラメキ”
大阪杯終了後に皐月賞馬の登録馬が発表され、いよいよクラシックが目前と迫った中央競馬。今年の桜花賞と皐月賞は昨年と同様に無敗馬の存在に目を光らせておきたいところですが、この記事では、そんな桜花賞と皐月賞において有力視している馬を4頭ずつピックアップしていきます。

※第77回桜花賞

・ソウルスターリング

昨年の阪神ジュベナイルフィリーズ優勝馬にして、今年のチューリップ賞を制した無敗馬。父Frankelが歩んだトップマイラーへの道を邁進しているようにも思え、ここは優勝候補筆頭として見ておきたいところです。

・アドマイヤミヤビ

芝2000mの500万下を勝った後に芝1600mのクイーンCを勝利するという、5年前の牝馬三冠戦全てで2着に入ったヴィルシーナを彷彿とさせる路線を歩んでいるアドマイヤミヤビ。ディープインパクトと同じ牝系ということで、どちらかというとオークスでこそ本領発揮の可能性がありますが、今回のレースにおいても上位争いを繰り広げてくるのではないかと睨んでいます。

・サロニカ

初年度産駒が走った2011年から4年連続優勝馬を輩出し、一昨年、昨年も2着馬を輩出しているディープインパクト産駒。今回のレースにおけるディープインパクト産駒の最有力は、エルフィンSを制したサロニカですが、2011年の優勝馬であるマルセリーナの再現なるかどうかということで、勝利も意識した狙い方をしようかと考えているところです。

・ヴゼットジョリー

昨年の新潟2歳Sを無敗で制した馬。ここ2戦は掲示板確保に留まる走りに終わっていますが、ソウルスターリングと同じ”父系Sadler's Wells”の芝マイル重賞勝ち馬として一目置いた存在としました。

※第77回皐月賞

・カデナ

皐月賞と同じ中山芝2000mで行われた弥生賞を1番人気で制した馬。昨年、上位独占を果たしたディープインパクト産駒ということもあり、今年の皐月賞の軸として考えています。

・ウインブライト

6年前の皐月賞馬オルフェーヴルと同じ”スプリングSを制した、ノーザンテーストのクロス持ちのステイゴールド産駒”。スプリングSで体重を二桁落としていた点には不安を覚えないわけではありませんが、この馬も優勝候補として考えています。

・レイデオロ

デビューから3戦続けて芝2000m戦を使って連勝中の馬。昨年末のホープフルSからのぶっつけ本番がどういったことになるのかに注目が集まっていますが、個人的には狙い目十分と見て勝負しようかと考えています。

・ファンディーナ

今年の春クラシックにおける”最終兵器”ではないかと睨んでいるディープインパクト産駒の牝馬。牝馬による皐月賞参戦は2014年のバウンスシャッセ以来のこととなりますが、現状ではバウンスシャッセよりもはるかに上の実力馬と見ており、上位入線どころか勝利も視野に入れながら予想をしようと思います。
スポンサーサイト


テーマ:中央競馬 - ジャンル:ギャンブル

Road_to_Derby | 16:58:12 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad