■プロフィール

まつり駿楽

Author:まつり駿楽
血統、ベストパフォーマンス、実績の関係性を重視した競馬予想とクラシックの展望などをしています。2012年2月3日よりキルトクール株式会社の神官として入社し、twitterやmixiを密かに更新中。fc2小説ページにて執筆活動も展開しています。

http://twitter.com/MATSURIshunraku

http://mixi.jp/show_profile.pl?id=10577262

http://novel.fc2.com/user/7234617/

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

第48回マイラーズC&第52回フローラS回顧
先週はG1の開催が一段落ついた週となりましたが、日曜日には勝てば次のG1への優先出走権が得られる重賞が東西で行われていました。開幕週の馬場に対してどう向き合うのかについても問われる舞台にもなりましたが、この記事では日曜日に行われた東西の二つの重賞について振り返っていきます。

※第48回マイラーズC

1着・イスラボニータ(父フジキセキ)

2着・エアスピネル(父キングカメハメハ)

3着・ヤングマンパワー(父スニッツェル)

ラップタイム・12.4 - 11.2 - 11.7 - 12.1 - 11.4 - 11.3 - 10.8 - 11.3

出走頭数が11頭と、現行の京都開催となってからは最も少頭数で行われることになった今年のマイラーズC。2年前のレースで逃げ粘って2着に入ったサンライズメジャーが逃げる展開となる中で、前半800mの通過が47秒4と落ち着いた入りになりましたが、3コーナーからの下り坂から一気のペースアップが図られ、後半800mの44秒8は、2014年にワールドエースがレコード勝ちした時と同じ走破時計となりました。

こうした中で勝利を収めたイスラボニータは、2014年のセントライト記念以来となる重賞勝ちを収めましたが、ここ3戦続けて2着に敗れている中での勝利ということもあり、近走実績が問われる安田記念に向けては良いステップになったと言えます。

※第52回フローラS

1着・モズカッチャン(父ハービンジャー)

2着・ヤマカツグレース(父ハービンジャー)

3着・フローレスマジック(父ディープインパクト)

ラップタイム・13.0 - 12.1 - 12.0 - 11.8 - 12.6 - 12.8 - 12.3 - 11.5 - 11.2 - 12.0

道中2番手でレースを進めたハービンジャー産駒と1枠1番のハービンジャー産駒でワンツーフィニッシュとなった今年のオークストライアル・フローラS。勝ったモズカッチャンはデビュー戦こそ6着で敗れたものの、その後3着、1着、1着としており、このフローラSにおいては12番人気の伏兵的評価でありながら見事に3連勝を飾ることとなりました。そのモズカッチャンは、血統的にはサンデーサイレンスの血が全く入っていない一方で、Danzigとノーザンダンサーのクロスを有しており、ラスト1ハロンの伸び脚は血統が為した業とも思えるものでした。

その上で、フローラSの内容からオークスの展望を行うのはなかなか難儀なことのようにも思えますが、仮に今回の上位2頭がオークスでも好走した場合は、日本ダービーにおいて同じハービンジャー産駒のペルシアンナイトへの評価は高まるばかりと言えそうです。
スポンサーサイト


テーマ:レース回顧 - ジャンル:ギャンブル

レース回顧(予想レース以外) | 23:18:11 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad