■プロフィール

まつり駿楽

Author:まつり駿楽
血統、ベストパフォーマンス、実績の関係性を重視した競馬予想とクラシックの展望などをしています。2012年2月3日よりキルトクール株式会社の神官として入社し、twitterやmixiを密かに更新中。fc2小説ページにて執筆活動も展開しています。

http://twitter.com/MATSURIshunraku

http://mixi.jp/show_profile.pl?id=10577262

http://novel.fc2.com/user/7234617/

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

第131回目黒記念回顧
先週はダービーウィークの開催となっていた中央競馬ですが、日本ダービー当日の最終レースには伝統のハンデ重賞である目黒記念が組まれていました。今年は、2年前の優勝馬で重賞連続出走機会を更新したヒットザターゲットや昨年の優勝馬でその時以来の実戦となったクリプトグラム、あるいは3年前の日本ダービー馬であるワンアンドオンリー等、多士済々のメンバー構成となっていましたが、ここでもクリストフ・ルメール旋風が巻き起こることとなりました。

1着・フェイムゲーム(父ハーツクライ)

2着・ヴォルシェーブ(父ネオユニヴァース)

3着・ハッピーモーメント(父ディープインパクト)

ラップタイム・7.2 - 11.0 - 11.2 - 12.7 - 12.4 - 12.3 - 12.1 - 12.3 - 12.4 - 12.2 - 11.3 - 12.0 - 11.8

一昨年の目黒記念で4着に入ったメイショウカドマツが大逃げの形を作った今年の目黒記念。前半1000mの通過が1分0秒8で、決して速いとは言い難いペースメイクでしたが、3コーナーから4コーナーにかけて大逃げの形が崩れると、最後の直線では先頭の馬がコロコロと入れ替わる展開に持ち込まれました。そんな中で、勝ったフェイムゲームは道中を中団より少し後ろ側でレースを進めていき、直線では外からのロングスパートでじわじわと脚を伸ばしていくと、残り100mの辺りで抜け出しを図っていたヴォルシェーブを並ぶ間もなく差し切って、最後は半馬身リードを取って決着をつけました。フェイムゲームは昨年のアルゼンチン共和国杯からせん馬になり、今回せん馬になってから4戦目にあたるレースになっていましたが、せん馬になる前と変わらずにスタミナ豊富な決め手を見せ、東京芝2500m重賞制覇という部分では2014年のアルゼンチン共和国杯以来二度目となりました。2着にはレイデオロと同じウインドインハーヘア牝系の馬が、3着には母方にトニービンの血を内包していたディープインパクト産駒がそれぞれ入り、同じ日に行われた日本ダービーと似たような結果に収まりましたが、2012年と2015年には目黒記念の優勝馬の父が日本ダービーのそれと同じだったということもあり、来年以降の目黒記念においても日本ダービーの結果には目を向けておきたいところです。
スポンサーサイト


テーマ:レース回顧 - ジャンル:ギャンブル

レース回顧(予想レース以外) | 07:09:07 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad