■プロフィール

まつり駿楽

Author:まつり駿楽
血統、ベストパフォーマンス、実績の関係性を重視した競馬予想とクラシックの展望などをしています。2012年2月3日よりキルトクール株式会社の神官として入社し、twitterやmixiを密かに更新中。fc2小説ページにて執筆活動も展開しています。

http://twitter.com/MATSURIshunraku

http://mixi.jp/show_profile.pl?id=10577262

http://novel.fc2.com/user/7234617/

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

【9着VS11着】 第53回七夕賞回顧
先週のラジオNIKKEI賞に続き、シルクレーシングの所有馬が勝利を収めた七夕賞。同時に、昨年と同様に戸崎圭太騎手騎乗のディープインパクト産駒が勝利しましたが、早くも今年のサマー2000シリーズ王者が決まった印象もありました。

1着・ゼーヴィント(父ディープインパクト)

2着・マイネルフロスト(父ブラックタイド)

3着・ソールインパクト(父ディープインパクト)

(予想記事・2017年・十五の予想 「第53回七夕賞」(ヴォージュVSマルターズアポジー)

ラップタイム・12.0 - 10.5 - 11.4 - 12.2 - 11.9 - 12.0 - 11.6 - 11.8 - 11.9 - 12.9

◎・ヴォージュ(9着)、キルトクール・マルターズアポジー(11着)

大方の予想通り、マルターズアポジーがハナを主張する展開になったものの、その直後にゼーヴィントと同じシルクレーシング所有馬のフェイマスエンドが突き、立ち上がりの600mが33秒9という超ハイペースが演出されました。この流れの中でヴォージュも出鞭を入れて前進気勢を見せていましたが、3コーナーの時点で先頭に立とうとしていたマイネルフロストを除けば、上位3頭は後ろから来た馬が結果を残す形となり、マルターズアポジー、ヴォージュを筆頭とした先行勢は壊滅的な走りを見せることとなりました。

そんな中で、今回は展開が向かなかった両者ですが、レーススタイルの引き出しの少なさを考えると、今後の出世も少々難しいのではないかと考えています。
スポンサーサイト


テーマ:レース回顧 - ジャンル:ギャンブル

レース回顧(予想レース) | 16:57:56 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad