■プロフィール

まつり駿楽

Author:まつり駿楽
血統、ベストパフォーマンス、実績の関係性を重視した競馬予想とクラシックの展望などをしています。2012年2月3日よりキルトクール株式会社の神官として入社し、twitterやmixiを密かに更新中。fc2小説ページにて執筆活動も展開しています。

http://twitter.com/MATSURIshunraku

http://mixi.jp/show_profile.pl?id=10577262

http://novel.fc2.com/user/7234617/

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

いざクラシックへ!注目の一頭 2017年2歳戦【7月】
今年の日本ダービーが終わって既に二か月が経過した中央競馬でしたが、昨日の新馬戦には今年の日本ダービー馬の弟であるレイエンダがデビューを果たし、見事に勝利を収めました。兄のレイデオロと同様に後方で折り合いをつけてコーナーからの加速で勝負するといった形で、将来有望であることは疑いようがないに思えましたが、この記事ではその一週間前の函館で行われた芝1800mの新馬戦の勝ち馬をピックアップしていくことにしました。

※7月23日函館芝1800mメイクデビューより、シスターフラッグ

上位3頭が上がり3ハロン35秒台をマークする中、3コーナーまで後方から2頭目に位置していたシスターフラッグが豪快に差し切った、函館開催最終週の芝1800m戦のメイクデビュー。勝ったシスターフラッグは近親に宝塚記念の連覇等G1を6勝したゴールドシップがいる血統馬で、ゴールドシップと同じように函館芝1800mのデビュー戦を勝ち上がってみせました。母の父であるスパイキュールは現役時代重賞未勝利ながらダート7戦無敗の実績を残した競走馬で、トーセンジョーダンやカンパニーと同じ牝系を持つ馬ですが、ルーラーシップを父に持つシスターフラッグの配合としてはミスタープロスペクターのクロスが入っており、これが今後どういった作用をもたらしていくのかに注目したいところでもあります。
スポンサーサイト


テーマ:中央競馬 - ジャンル:ギャンブル

Road_to_Derby | 06:45:11 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad