■プロフィール

まつり駿楽

Author:まつり駿楽
血統、ベストパフォーマンス、実績の関係性を重視した競馬予想とクラシックの展望などをしています。2012年2月3日よりキルトクール株式会社の神官として入社し、twitterやmixiを密かに更新中。fc2小説ページにて執筆活動も展開しています。

http://twitter.com/MATSURIshunraku

http://mixi.jp/show_profile.pl?id=10577262

http://novel.fc2.com/user/7234617/

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

実験予想・2017年#2 「第52回関屋記念」
実験予想2回目は約1か月ぶりの予想となりましたが、今回予想する関屋記念は昨年も予想したレースです。今回の”大黒柱”は、その時1着馬を輩出したデータを据えることにしました。

※第52回関屋記念の”大黒柱”

5年連続連対馬輩出中の”関西芝外回りの1600m重賞で連対実績を持つ馬”

(4-2-1)

【該当馬】ダノンプラチナ、ヤングマンパワー

さて、3年連続で優勝馬を輩出している今回の”大黒柱”ですが、今回該当している2頭はいずれも世代限定戦の時に結果を残してきています。両者は後に富士Sを制しており、左回りの芝1600m戦における強さは今回のメンバーの中でも格上といった趣がありますが、2年前の富士Sを今回と同様に半年以上の休み明けで制したダノンプラチナを優勝候補筆頭として考えてみようと思います。

そして、ヤングマンパワーに続く相手候補としては、新潟芝1600mのオープン勝ちがあるウインガニオンとロードクエストを選択。ウインガニオンは今回のレースを勝つとサマーマイルシリーズ制覇が確定となりますが、中京記念の勝ち方を見ていると勝利を十分に意識できます。そして、ロードクエストに関しては、左回りの芝1600m戦において上がり3ハロン3位以下になった経験がなく、末脚勝負という部分で最も信頼の置ける馬と見て狙うことにしました。



単勝

ダノンプラチナ

ワイド・馬単ボックス

ウインガニオン、ダノンプラチナ、ヤングマンパワー、ロードクエスト
スポンサーサイト


テーマ:中央競馬(JRA)予想 - ジャンル:ギャンブル

実験予想・2017年 | 21:00:46 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad