FC2ブログ
 
■プロフィール

まつり駿楽

Author:まつり駿楽
血統、ベストパフォーマンス、実績の関係性を重視した競馬予想とクラシックの展望などをしています。2012年2月3日よりキルトクール株式会社の神官として入社。fc2小説ページの他、2019年11月2日より「駿楽牧場」にて執筆活動も展開しています。

http://twitter.com/MATSURIshunraku

http://mixi.jp/show_profile.pl?id=10577262

http://novel.fc2.com/user/7234617/

http://shunraku-bokujou.ldblog.jp/

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

【3着VS7着】 第71回セントライト記念回顧
台風一過の中で行われた今年のセントライト記念。出走馬の大半が格上挑戦となる中で勝利を収めたのは、前走1000万下特別で3着に敗れていたミッキースワローでした。

1着・ミッキースワロー(父トーセンホマレボシ)

2着・アルアイン(父ディープインパクト)

3着・サトノクロニクル(父ハーツクライ)

(予想記事・2017年・十七の予想 「第71回セントライト記念」(サトノクロニクルVSサーレンブラント)

ラップタイム・12.3 - 11.1 - 12.4 - 13.1 - 12.9 - 12.8 - 12.1 - 12.0 - 11.7 - 11.3 - 11.0

一本調子になりやすい中山芝2200m戦らしからぬ緩急のついたラップ構成となった今年のセントライト記念。この流れの中で勝利を収めたミッキースワローは終始アルアインをマークしており、直線半ばで先頭に立つと、そこから1馬身4分の3の差をつけていきました。ミッキースワローの父であるトーセンホマレボシは2012年の京都新聞杯において当時の芝2200mの日本レコードを更新し、日本ダービーにおいても3着に入ってきたディープインパクト産駒でしたが、その父と同じように芝2200mの重賞で覚醒した趣を持ったミッキースワローの勝利は、混沌とする菊花賞戦線に一石を投じたものになったと見ています。

◎・サトノクロニクル(3着)

道中は4番手のインを追走してきたサトノクロニクルでしたが、3コーナーから4コーナーにかけて前が壁になり、ややチグハグな競馬になりました。それでも3着に来た辺りは地力の証明といったところですが、内枠の先行馬にとって有利な舞台である菊花賞において出番があるかは微妙なところです。(複勝160円)

キルトクール・サーレンブラント(7着)

レース序盤から終盤まで中団のままに終わった印象があるサーレンブラント。勝ち馬から1秒0も離されており、力負けという以上の評価は与えられない感じですが、元々直線の長いコースで真価を発揮してきた趣のある馬で、そこで改めて評価するのが妥当なように思われます。
スポンサーサイト





テーマ:レース回顧 - ジャンル:ギャンブル

レース回顧(予想レース) | 21:29:28 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する