FC2ブログ
 
■プロフィール

まつり駿楽

Author:まつり駿楽
血統、ベストパフォーマンス、実績の関係性を重視した競馬予想とクラシックの展望などをしています。2012年2月3日よりキルトクール株式会社の神官として入社。fc2小説ページの他、2019年11月2日より「駿楽牧場」にて執筆活動も展開しています。

http://twitter.com/MATSURIshunraku

http://mixi.jp/show_profile.pl?id=10577262

http://novel.fc2.com/user/7234617/

http://shunraku-bokujou.ldblog.jp/

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

第35回ローズS回顧
先週の開催は台風18号の影響が心配されていましたが、特に何事もなく平穏な開催となりました。そういった中で、日曜日には秋華賞トライアルであるローズSの開催がありましたが、今年は少々変わった決着がつくことになりました。

1着・ラビットラン(父Tapit)

2着・カワキタエンカ(父ディープインパクト)

3着・リスグラシュー(父ハーツクライ)

ラップタイム・12.4 - 10.9 - 11.3 - 11.8 - 12.2 - 12.0 - 11.6 - 11.3 - 12.0

オークス3着のアドマイヤミヤビが直前で回避し、フラワーCまで無傷の3連勝を飾ったファンディーナが1番人気に支持されていた今年のローズS。レースは今年の桜花賞で逃げの手に出たカワキタエンカがその時以上の粘り腰を見せる中で、今回が芝2戦目となったラビットランが外から強襲し、最後は1馬身4分の1のリードを取って勝利を収めました。重賞未勝利馬によるローズS制覇は現行の阪神芝1800m戦になってからでは今回で4回目となりますが、過去3回の中で2回は秋華賞でも2着に入っており、そういった意味では、ラビットランを秋華賞における有力候補として信頼が置けると言えます。ただし、重賞未勝利馬がローズSを制した年の秋華賞はいずれもローズSで1番人気に支持された馬が勝利を収めており、今回6着に敗れたファンディーナを見限るのは早計といったところです。
スポンサーサイト





テーマ:レース回顧 - ジャンル:ギャンブル

レース回顧(予想レース以外) | 06:29:31 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する