FC2ブログ
 
■プロフィール

まつり駿楽

Author:まつり駿楽
血統、ベストパフォーマンス、実績の関係性を重視した競馬予想とクラシックの展望などをしています。2012年2月3日よりキルトクール株式会社の神官として入社。fc2小説ページの他、2019年11月2日より「駿楽牧場」にて執筆活動も展開しています。

http://twitter.com/MATSURIshunraku

http://mixi.jp/show_profile.pl?id=10577262

http://novel.fc2.com/user/7234617/

http://shunraku-bokujou.ldblog.jp/

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

9月24日の重賞回顧
下半期最初のG1が来週行われますが、その1週間前の中央競馬では東西でG2の重賞の開催がありました。かたやG1馬の始動戦、かたやG1馬不在のレースになりましたが、先々への繋がりという部分では如何様なものになったでしょうか。

※第65回神戸新聞杯

1着・レイデオロ(父キングカメハメハ)

2着・キセキ(父ルーラーシップ)

3着・サトノアーサー(父ディープインパクト)

ラップタイム・12.9 - 11.8 - 12.2 - 12.4 - 12.1 - 12.3 - 12.3 - 12.2 - 11.9 - 11.3 - 11.4 - 11.8

3年ぶりに日本ダービー馬の参戦があった神戸新聞杯ですが、その日本ダービー馬であるレイデオロが4番手追走から力強く抜け出し、キセキに対して2馬身差をつけて勝利しました。レイデオロの次走は菊花賞ではなくジャパンCとのことですが、現行条件となった2007年以降において2009年を除いて上位3頭のうちの1頭が後にG1勝ち馬となる中で、2分24秒台の決着となったのは過去に4回あり、そのうちの2回が勝ち馬が古馬G1を勝ってきていることから、レイデオロにもジャパンC制覇のチャンスがあると見ています。

※第63回オールカマー

1着・ルージュバック(父マンハッタンカフェ)

2着・ステファノス(父ディープインパクト)

3着・タンタアレグリア(父ゼンノロブロイ)

ラップタイム・12.8 - 11.7 - 13.2 - 12.9 - 12.5 - 12.5 - 12.1 - 11.3 - 11.2 - 11.6 - 12.0

こちらは10年ぶりにG1馬不在のレースとなったオールカマー。良馬場の開催としては14年ぶりに2分13秒をオーバーする結果となりましたが、昨年の毎日王冠優勝馬であるルージュバックが、今年の大阪杯2着馬であるステファノスを内から差し切って勝利をものにしました。牝馬でありながら、重賞4勝全てが牡馬混合戦となったルージュバックはエリザベス女王杯を目指すことになっていますが、昨年は自身と同じマンハッタンカフェ産駒によるワンツーフィニッシュとなった舞台で悲願のG1制覇も有り得るのではないかと睨んでいます。
スポンサーサイト





テーマ:レース回顧 - ジャンル:ギャンブル

レース回顧(予想レース以外) | 18:51:12 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する