FC2ブログ
 
■プロフィール

まつり駿楽

Author:まつり駿楽
血統、ベストパフォーマンス、実績の関係性を重視した競馬予想とクラシックの展望などをしています。2012年2月3日よりキルトクール株式会社の神官として入社し、twitterやmixiを密かに更新中。fc2小説ページにて執筆活動も展開しています。

http://twitter.com/MATSURIshunraku

http://mixi.jp/show_profile.pl?id=10577262

http://novel.fc2.com/user/7234617/

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

【1頭】 第66回京都新聞杯回顧
先週の天皇賞【春】に引き続きステイゴールド産駒が勝利を収めた京都新聞杯。ステイゴールド産駒による京都新聞杯制覇は今回が初めてでしたが、その中身について触れていこうと思います。

1着・ステイフーリッシュ(父ステイゴールド)

2着・アドマイヤアルバ(父ハーツクライ)

3着・シャルドネゴールド(父ステイゴールド)

(予想記事・実験予想・2018年#6 「第66回京都新聞杯」

ラップタイム・12.5 - 10.5 - 11.7 - 11.7 - 12.1 - 13.2 - 12.6 - 12.1 - 11.3 - 11.4 - 11.9

道中はメイショウテッコンが逃げの手を打ってきた今年の京都新聞杯。勝ったステイフーリッシュは離れた2番手からの追走となりましたが、最初の1000m通過が58秒5となる中で4コーナーで先頭に並びかけてそのまま押し切るという、大変力強い先行押し切りの形で結果を出してきました。ステイフーリッシュは昨年暮れのホープフルSにおいて追い込んで3着という実績がありましたが、今回は前走共同通信杯から体重を16kg増やして挑戦し、脚質転換も行ってのフルモデルチェンジといった趣がある中での勝利ということで、日本ダービーに向けては強力な存在がまた1頭現れたというような雰囲気があります。

一方で、1勝馬による京都新聞杯制覇は2010年のゲシュタルト以来8年ぶりの出来事でしたが、それ以上に注目したいのが、天皇賞【春】と京都新聞杯を同じ種牡馬の産駒が勝ち上がってきたということで、現行条件となった2002年以降では初めての出来事となります。2002年以降の京都新聞杯の優勝馬の父を見ていくと、8頭が天皇賞【春】優勝馬を父に持っており、そういった意味では京都新聞杯と天皇賞【春】の結びつきは決して弱くはなかったのですが、今回ステイフーリッシュが先週のレインボーラインと共にステイゴールド産駒による”天皇賞【春】・京都新聞杯同一年制覇”を果たしたことによって、よりその結びつきが強まっていくのではないかと見られます。

そして、今回の走破時計である2分11秒0はハギノハイブリッドが勝利した2014年と同タイムで、レース史上2番目に速い決着となりましたが、2002年以降の京都新聞杯において2分12秒0を切ってきたレースは過去に4回あり、その優勝馬による日本ダービーの成績は(0-2-1-1)となっています。その上で、3着以内に入ってきた3頭は全て父系サンデーサイレンスの馬だったことから、ステイフーリッシュによる日本ダービー好走の可能性は極めて高いものになったと思われます。

※”大黒柱”の結果

7年連続優勝馬輩出中の”高松宮記念開催週以降のレースを勝ち上がっている馬”

→3着以内入線・1頭、最高着順・2着(アドマイヤアルバ)

さて、今回の”大黒柱”に該当していた馬の中で掲示板に入ってこられたのは2着に入ってきたアドマイヤアルバ1頭だけでした。該当馬の中で最上位人気に推され、予想では優勝候補筆頭と判断したタニノフランケルは最後の直線に入って戦意喪失といった趣で最下位に沈んでしまいましたが、前走は逃げ切り勝ちを収めており、今回その手に出られなかった時点で敗色濃厚といった感じでした。それに対し、該当馬の中でただ1頭3着以内を確保したアドマイヤアルバは過去に一度も4着以下に沈んだことがなく、これが今回の好走に結びついたようにも思われますが、ステイゴールド産駒とハーツクライ産駒との相性の良さは先週の天皇賞【春】然り、オルフェーヴル対ウインバリアシオン然りといった感じで、オルフェーヴル産駒がクラシックの主役を担っていきそうな今後の日本競馬においても気にかけておきたいポイントです。
スポンサーサイト


テーマ:レース回顧 - ジャンル:ギャンブル

レース回顧(予想レース) | 19:11:59 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad