FC2ブログ
 
■プロフィール

まつり駿楽

Author:まつり駿楽
血統、ベストパフォーマンス、実績の関係性を重視した競馬予想とクラシックの展望などをしています。2012年2月3日よりキルトクール株式会社の神官として入社し、twitterやmixiを密かに更新中。fc2小説ページにて執筆活動も展開しています。

http://twitter.com/MATSURIshunraku

http://mixi.jp/show_profile.pl?id=10577262

http://novel.fc2.com/user/7234617/

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

第25回平安S回顧
2018年もそろそろ折り返し地点が近づいてくる頃となりましたが、オークスの前日に行われたダートの重賞・平安Sは、来月行われる地方交流ダートG1・帝王賞に向けての重要なステップレースになります。昨年は4歳馬のグレイトパールが勝利を収めたものの、その後グレイトパールは故障してしまい、先日のアンタレスSまで休養を余儀なくされましたが、今年はどのような未来が描かれていくのでしょうか。

1着・サンライズソア(父シンボリクリスエス)

2着・クイーンマンボ(父マンハッタンカフェ)

3着・クインズサターン(父パイロ)

ラップタイム・7.1 - 11.5 - 12.5 - 13.1 - 12.5 - 11.9 - 11.7 - 12.1 - 12.3 - 12.6

今年はJBCクラシックの舞台となる京都ダート1900m戦の平安S。1番人気には昨年の優勝馬でダート戦無敗のグレイトパールが、2番人気には昨年5月からの成績が(5-2-0-1)となっていたテイエムジンソクがそれぞれ推され、この2頭が単勝10倍以下のオッズをつけていましたが、両者は直線に入って伸びを欠いてしまい、グレイトパールは5着、テイエムジンソクは6着に終わりました。代わりに勝利を収めたのは、今年の名古屋大賞典において初めての重賞制覇を果たしたサンライズソアで、昨年に続いて4歳馬による勝利となりました。今回のレースで2013年以降の平安Sは4歳馬が3勝、5歳馬が2勝、6歳馬が1勝ということになりましたが、5歳以上の勝ち馬に関しては前走2着からの巻き返しに限られており、年齢によって勝利へのローテーションが異なるという点はおさえておいた方が良いかもしれません。
スポンサーサイト


テーマ:レース回顧 - ジャンル:ギャンブル

レース回顧(予想レース以外) | 20:37:32 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad