FC2ブログ
 
■プロフィール

まつり駿楽

Author:まつり駿楽
血統、ベストパフォーマンス、実績の関係性を重視した競馬予想とクラシックの展望などをしています。2012年2月3日よりキルトクール株式会社の神官として入社し、twitterやmixiを密かに更新中。fc2小説ページにて執筆活動も展開しています。

http://twitter.com/MATSURIshunraku

http://mixi.jp/show_profile.pl?id=10577262

http://novel.fc2.com/user/7234617/

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

【1頭】 第132回目黒記念回顧
3年ぶりに2分29秒台の決着を見た2018年の目黒記念。サウンズオブアース、フェイムゲームといったG1連対経験のある馬が揃って二桁着順に沈む中で勝利を収めたのは、前走東京芝2400mの準オープン特別で2分22秒9の好タイムで勝利したウインテンダネスでした。

1着・ウインテンダネス(父カンパニー)

2着・ノーブルマーズ(父ジャングルポケット)

3着・パフォーマプロミス(父ステイゴールド)

(予想記事・実験予想・2018年#7 「第132回目黒記念」

ラップタイム・7.3 - 11.4 - 11.5 - 12.7 - 12.4 - 12.0 - 12.0 - 12.1 - 12.0 - 11.8 - 11.4 - 11.3 - 11.8

※”大黒柱”の結果

7年連続連対馬輩出中の”前年11月以降にオープンクラスのハンデ戦で3着以内入線を果たした馬”

→3着以内入線・1頭、最高着順・3着(パフォーマプロミス)

今年は前走東京芝2400m戦の馬によるワンツーフィニッシュとなった目黒記念。阪神芝2400mのハンデオープン特別として長年親しまれてきた大阪-ハンブルクCが昨年から阪神芝1400m戦に変わったことに加え、東京芝2400mのオープン特別・メトロポリタンSも昨年から5月開催になったのとハンデ戦から別定戦に変更されたことで、目黒記念のレース傾向に変化の兆しがあったのは事実ですが、今年は”大黒柱”の結果を見ても分かるように変化が明確な形になって現れました。その上で、今回の上位2頭は現代のステイヤー血統であるトニービンを父系に持つ馬で、今後も今回のような条件下での活躍に期待が持てそうです。
スポンサーサイト


テーマ:レース回顧 - ジャンル:ギャンブル

レース回顧(予想レース) | 20:40:44 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad