FC2ブログ
 
■プロフィール

まつり駿楽

Author:まつり駿楽
血統、ベストパフォーマンス、実績の関係性を重視した競馬予想とクラシックの展望などをしています。2012年2月3日よりキルトクール株式会社の神官として入社し、twitterやmixiを密かに更新中。fc2小説ページにて執筆活動も展開しています。

http://twitter.com/MATSURIshunraku

http://mixi.jp/show_profile.pl?id=10577262

http://novel.fc2.com/user/7234617/

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

第1回葵S回顧
先週は日曜日に日本ダービーと目黒記念の開催がありましたが、土曜日には京都競馬場で新設重賞の葵Sが行われました。21世紀に入ってから、カルストンライトオやシンボリグラン、あるいはカノヤザクラやティーハーフ、そしてロードカナロアといった短距離の強豪を勝ち馬として輩出してきたレースですが、重賞となったことでより多くの出世馬が輩出されるようになるのでしょうか。

1着・ゴールドクイーン(父シニスターミニスター)

2着・ラブカンプー(父ショウナンカンプ)

2着・トゥラヴェスーラ(父ドリームジャーニー)

ラップタイム・12.1 - 10.8 - 11.0 - 11.0 - 11.2 - 11.9

さて、2着が同着となった第1回の葵Sですが、勝ったゴールドクイーンと2着のラブカンプーは先行押し切りの形で結果を残すこととなりました。その上で勝利を収めたゴールドクイーンはダートの活躍馬を多く輩出してきたシニスターミニスター産駒としては初めての芝の重賞勝ち馬として名乗りを上げることとなりましたが、昨年のフェニックス賞を無敗で制した後に小倉2歳Sを故障で断念し、今年3月の復帰初戦でフェニックス賞から-24kgという苦境に追い込まれて惨敗を喫しながら、そこから立ち直りを見せての勝利ということで、今後に期待が持てる勝利だったように感じています。
スポンサーサイト


テーマ:レース回顧 - ジャンル:ギャンブル

レース回顧(予想レース以外) | 19:36:36 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad