FC2ブログ
 
■プロフィール

まつり駿楽

Author:まつり駿楽
血統、ベストパフォーマンス、実績の関係性を重視した競馬予想とクラシックの展望などをしています。2012年2月3日よりキルトクール株式会社の神官として入社し、twitterやmixiを密かに更新中。fc2小説ページにて執筆活動も展開しています。

http://twitter.com/MATSURIshunraku

http://mixi.jp/show_profile.pl?id=10577262

http://novel.fc2.com/user/7234617/

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

6月17日の重賞回顧
今週から函館競馬の開催が始まり、夏競馬も本格化といった感じの中央競馬。そんな中で、今週は函館競馬から一戦、東京競馬から一戦、重賞が組まれる形となりましたが、果たしてそこからどんな馬が躍進してくるのでしょうか。

※第25回函館スプリントS

1着・セイウンコウセイ(父アドマイヤムーン)

2着・ヒルノデイバロー(父マンハッタンカフェ)

3着・ナックビーナス(父ダイワメジャー)

ラップタイム・11.8 - 10.4 - 10.9 - 11.3 - 11.3 - 11.9

サマースプリントシリーズ第1戦として組まれている函館スプリントS。今年はレース史上2番目に速い1分7秒6の決着を見る中で、1着馬から15着馬までが1秒0差以内の中で収まる格好となりましたが、勝ったセイウンコウセイは昨年の高松宮記念以来となる重賞2勝目をマークすることとなりました。鞍上の池添謙一騎手にとっては4回目の函館スプリントS制覇で、池添謙一騎手とのコンビで函館スプリントSを制した過去3回の優勝馬は後に芝1200m重賞をさらに勝利していることから、今回の優勝馬であるセイウンコウセイが短距離界の主軸として活躍する可能性が出てきたように思われます。

※第23回ユニコーンS

1着・ルヴァンスレーヴ(父シンボリクリスエス)

2着・グレートタイム(父キングカメハメハ)

3着・エングローサー(父トランセンド)

ラップタイム・12.2 - 10.8 - 11.8 - 12.3 - 12.3 - 11.9 - 11.5 - 12.2

レース史上初めて重馬場の中で開催された3歳ダート重賞・ユニコーンS。今回は昨年の全日本2歳優駿優勝馬であるルヴァンスレーヴがレース史上最速となる1分35秒0をマークして勝利を収めました。今回のレースで4年連続の1分35秒台の決着となりましたが、ユニコーンSにおいて1分35秒台の決着となったのは過去に6回あり、そのうちの4頭は後に国内ダートG1で連対してきていることから、ルヴァンスレーヴの更なるダート戦線における活躍に期待が持てます。
スポンサーサイト


テーマ:レース回顧 - ジャンル:ギャンブル

レース回顧(予想レース以外) | 16:14:13 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad