FC2ブログ
 
■プロフィール

まつり駿楽

Author:まつり駿楽
血統、ベストパフォーマンス、実績の関係性を重視した競馬予想とクラシックの展望などをしています。2012年2月3日よりキルトクール株式会社の神官として入社し、twitterやmixiを密かに更新中。fc2小説ページにて執筆活動も展開しています。

http://twitter.com/MATSURIshunraku

http://mixi.jp/show_profile.pl?id=10577262

http://novel.fc2.com/user/7234617/

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

8月12日の重賞回顧
今週は若さが弾けた重賞2戦。先々を見据える上では重要な局面になったのではないかと思われますが、そんな二つの重賞について簡単に振り返っていこうと思います。

※第23回エルムS

1着・ハイランドピーク(父トーセンブライト)

2着・ドリームキラリ(父Giant's Causeway)

3着・ミツバ(父カネヒキリ)

ラップタイム・6.6 - 11.0 - 11.9 - 12.1 - 12.2 - 11.5 - 11.5 - 12.1 - 13.1

中央競馬のダート重賞で夏競馬期間中では唯一古馬が出走できるエルムS。昨年のエルムSを逃げて3着になったドリームキラリが今年も逃げの手を打ってきましたが、4コーナーで先頭に並びかけた4歳馬のハイランドピークがドリームキラリの粘り込みに対して1馬身4分の1の差をつけて重賞初制覇を果たしました。鞍上の横山和生騎手にとっても嬉しい重賞初制覇となりましたが、ハイランドピーク自身に関しては2走前に初めて4コーナー先頭ではない形で勝利を収めており、今回も2コーナーの時点では3番手と脚質に幅が出来てきたことが勝因になっているようにも思えます。

※第53回関屋記念

1着・プリモシーン(父ディープインパクト)

2着・ワントゥワン(父ディープインパクト)

3着・エイシンティンクル(父ディープインパクト)

ラップタイム・12.4 - 10.6 - 11.2 - 11.5 - 11.5 - 11.2 - 11.0 - 12.2

ディープインパクト産駒の牝馬によるワンツースリーが果たされた今年の関屋記念。勝ったプリモシーンは22年ぶりに3歳馬による関屋記念制覇を成し遂げることになりましたが、マイル重賞を2勝したディープインパクト産駒は過去に8頭おり、そのうちの6頭が後にG1で3着以内に来ていることから、プリモシーンのスター街道が見えてきたと言えます。
スポンサーサイト


テーマ:レース回顧 - ジャンル:ギャンブル

レース回顧(予想レース以外) | 20:54:35 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad