FC2ブログ
 
■プロフィール

まつり駿楽

Author:まつり駿楽
血統、ベストパフォーマンス、実績の関係性を重視した競馬予想とクラシックの展望などをしています。2012年2月3日よりキルトクール株式会社の神官として入社し、twitterやmixiを密かに更新中。fc2小説ページにて執筆活動も展開しています。

http://twitter.com/MATSURIshunraku

http://mixi.jp/show_profile.pl?id=10577262

http://novel.fc2.com/user/7234617/

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

8月19日の重賞回顧
8月もいよいよ後半に入り、秋が少しずつ近づいてきましたが、競馬の方もサマーシリーズが佳境を迎えることになりました。夏の上がり馬も気になりつつ、有力馬の始動にも目を配っていきたくなるような今週の重賞ではどういった結果がもたらされたのでしょうか。

※第53回北九州記念

1着・アレスバローズ(父ディープインパクト)

2着・タイセイプリンセス(父キングヘイロー)

3着・ラブカンプー(父ショウナンカンプ)

ラップタイム・11.6 - 10.2 - 10.6 - 11.2 - 11.3 - 11.7

サマースプリントシリーズ第4戦の北九州記念。今年は5年ぶりに1分6秒台の決着となりましたが、勝ったアレスバローズはCBC賞に続いての連勝となり、サマースプリントシリーズの優勝に大きく近づくこととなりました。北九州記念において当年のサマースプリントシリーズ重賞勝ち馬が制した例は2015年のベルカントがアイビスサマーダッシュからの連勝を果たしていますが、今回のアレスバローズは芝1200m重賞の連勝も果たす格好となっており、スプリンターズSにおける有力候補として期待したくなりました。

※第54回札幌記念

1着・サングレーザー(父ディープインパクト)

2着・マカヒキ(父ディープインパクト)

3着・モズカッチャン(父ハービンジャー)

ラップタイム・12.5 - 10.4 - 11.5 - 12.1 - 12.6 - 12.4 - 12.0 - 12.6 - 12.5 - 12.5

夏競馬唯一のG2戦にしてサマー2000シリーズの第4戦・札幌記念。今年はサマー2000シリーズの優勝資格者が現れていない中でG1馬が3頭出走するレースとなりましたが、外から脚を伸ばしてきたG1馬2頭マカヒキ、モズカッチャンに対抗する形で馬群を割るようにサングレーザーが脚を伸ばし、最後はマカヒキとハナ差でサングレーザーが勝利を手にしました。サングレーザーというと、今年のマイラーズCにおいてコースレコードで勝利した馬ですが、芝1600mの重賞勝ちがある古馬が札幌記念を制したのは、札幌では2005年のヘヴンリーロマンス以来となります。ヘヴンリーロマンスは札幌記念の勝利の後に天覧競馬の天皇賞【秋】を制していきましたが、同じような走りをサングレーザーにも期待したいところです。
スポンサーサイト


テーマ:中央競馬 - ジャンル:ギャンブル

レース回顧(予想レース以外) | 16:36:43 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad