FC2ブログ
 
■プロフィール

まつり駿楽

Author:まつり駿楽
血統、ベストパフォーマンス、実績の関係性を重視した競馬予想とクラシックの展望などをしています。2012年2月3日よりキルトクール株式会社の神官として入社し、twitterやmixiを密かに更新中。fc2小説ページにて執筆活動も展開しています。

http://twitter.com/MATSURIshunraku

http://mixi.jp/show_profile.pl?id=10577262

http://novel.fc2.com/user/7234617/

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

実験予想・2018年#13 「第97回凱旋門賞」
今年は実験予想を含めて毎月最低1回は行っている予想記事のアップですが、今月最初の予想レースはフランスのG1・凱旋門賞です。今年の凱旋門賞は3年ぶりのパリロンシャン競馬場での開催となりますが、昨年の優勝馬であるエネイブルが凱旋門賞史上初となる異なる競馬場での連覇に挑むことが大きな注目を集めています。

※第97回凱旋門賞の”大黒柱”

12年連続連対馬輩出中の”SMILE区分におけるIまたはLのG1で2着馬に2馬身以上の差をつけて勝利した馬”

(10-4-6)

【該当馬】エネイブル、シーオブクラス



さて、今年は2頭が該当している”大黒柱”ですが、両者共に負けたのは1回だけというG1勝ちのある牝馬であり、今年の凱旋門賞における中心的存在を担っています。今年のレースで”大黒柱”が13年連続のデータになる可能性は十二分にあると言えますが、2頭で優劣をつけるとすれば、前走がG1だったか否かという部分で、2006年の優勝馬であるレイルリンクを最後に前走G1以外の馬が勝てていないことを踏まえれば、前走G1のヨークシャーオークスにおいて2着馬に2馬身4分の1の差をつけて勝利したシーオブクラスに軍配を上げたいと思います。



単勝

シーオブクラス
スポンサーサイト


テーマ:競馬予想 - ジャンル:ギャンブル

実験予想・2018年 | 23:15:02 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad