FC2ブログ
 
■プロフィール

まつり駿楽

Author:まつり駿楽
血統、ベストパフォーマンス、実績の関係性を重視した競馬予想とクラシックの展望などをしています。2012年2月3日よりキルトクール株式会社の神官として入社し、twitterやmixiを密かに更新中。fc2小説ページにて執筆活動も展開しています。

http://twitter.com/MATSURIshunraku

http://mixi.jp/show_profile.pl?id=10577262

http://novel.fc2.com/user/7234617/

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

10月第1週の東京競馬場の重賞回顧
今週から8週間かけて東京競馬場と京都競馬場の開催が行われますが、開幕週となった今週は土日に東京競馬場で重賞が組まれていました。結果は2つのレース共に牝馬が勝つという形に終わりましたが、その将来性についてはどのようなものになっているのでしょうか。

※第4回サウジアラビアロイヤルC

1着・グランアレグリア(父ディープインパクト)

2着・ドゴール(父サクラプレジデント)

3着・アマーティ(父ルーラーシップ)

ラップタイム・13.1 - 11.8 - 11.9 - 11.5 - 11.6 - 11.3 - 11.1 - 11.7

今年も6月デビューのディープインパクト産駒が勝利したサウジアラビアロイヤルC。勝ったグランアレグリアはディープインパクト産駒としては7頭目となるマイルの2歳重賞勝ち馬となりましたが、過去の6頭の中で3歳以降にG1を勝てたのは2013年の新潟2歳S優勝馬で翌年の桜花賞を制したハープスターのみで、他馬を圧倒した勝ち方とは裏腹に前途が洋々とは言えません。

※第69回毎日王冠

1着・アエロリット(父クロフネ)

2着・ステルヴィオ(父ロードカナロア)

3着・キセキ(父ルーラーシップ)

ラップタイム・12.8 - 11.0 - 11.5 - 12.0 - 11.7 - 11.7 - 10.9 - 11.2 - 11.7

10年ぶりに1分44秒台の決着となった毎日王冠。勝ったアエロリットはNHKマイルC、クイーンSに次いで重賞3勝目をマークしましたが、G1勝ちのある牝馬が毎日王冠を制したのは今回が初めてでした。そんな中にあって、毎日王冠において1分46秒0を切って勝利を収めた4歳馬は今回のアエロリットを含めて9頭目となりましたが、過去の達成馬8頭のうち5頭は後に国内外でG1を制しており、アエロリットのさらなる活躍に期待が持てます。
スポンサーサイト


テーマ:レース回顧 - ジャンル:ギャンブル

レース回顧(予想レース以外) | 21:38:54 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad