FC2ブログ
 
■プロフィール

まつり駿楽

Author:まつり駿楽
血統、ベストパフォーマンス、実績の関係性を重視した競馬予想とクラシックの展望などをしています。2012年2月3日よりキルトクール株式会社の神官として入社し、twitterやmixiを密かに更新中。fc2小説ページにて執筆活動も展開しています。

http://twitter.com/MATSURIshunraku

http://mixi.jp/show_profile.pl?id=10577262

http://novel.fc2.com/user/7234617/

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

第53回京都大賞典回顧
今週は今年最後の3日間開催となった中央競馬ですが、その最終日に行われた重賞が、京都芝2400mで行われるG2・京都大賞典でした。一昨年の菊花賞馬であるサトノダイヤモンドと昨年のジャパンC優勝馬であるシュヴァルグランが、昨年の阪神大賞典の時と人気順を変えて相見える一戦となりましたが、果たしてどちらに軍配が上がったのでしょうか。

1着・サトノダイヤモンド(父ディープインパクト)

2着・レッドジェノヴァ(父シンボリクリスエス)

3着・アルバート(父アドマイヤドン)

ラップタイム・12.9 - 11.1 - 11.7 - 12.7 - 12.8 - 12.3 - 12.2 - 12.6 - 12.0 - 12.1 - 11.2 - 11.8

今年は一昨年と同様に2分25秒台の決着となった京都大賞典ですが、勝利を収めたのは一昨年の菊花賞馬であるサトノダイヤモンドで、シュヴァルグランは4着に敗れ去りました。菊花賞馬による京都大賞典制覇は今回で8回目となりましたが、2年以上前の菊花賞馬による京都大賞典制覇は今回で4回目となります。その上で、過去に2年以上前の菊花賞馬による京都大賞典制覇を果たした3頭の中で唯一京都大賞典制覇後も現役を続けられた2002年の優勝馬ナリタトップロードは、次走の天皇賞【秋】において2着に入っており、今回のレースで1年7か月ぶりの勝利を収めたサトノダイヤモンドにも今秋のG1において好走のチャンスはあると見ています。
スポンサーサイト


テーマ:レース回顧 - ジャンル:ギャンブル

レース回顧(予想レース以外) | 20:29:01 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad