FC2ブログ
 
■プロフィール

まつり駿楽

Author:まつり駿楽
血統、ベストパフォーマンス、実績の関係性を重視した競馬予想とクラシックの展望などをしています。2012年2月3日よりキルトクール株式会社の神官として入社し、twitterやmixiを密かに更新中。fc2小説ページにて執筆活動も展開しています。

http://twitter.com/MATSURIshunraku

http://mixi.jp/show_profile.pl?id=10577262

http://novel.fc2.com/user/7234617/

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

第21回富士S回顧
秋の東京開催においては最終週のジャパンCウィークを除いた全ての週において土曜日に重賞が組まれていますが、菊花賞ウィークとなった先週はマイルCSの前哨戦である富士Sが行われました。今年はレース史上初めて1分31秒台の決着を見ましたが、先々への期待という部分ではどうでしょうか。

1着・ロジクライ(父ハーツクライ)

2着・ワントゥワン(父ディープインパクト)

3着・レッドアヴァンセ(父ディープインパクト)

ラップタイム・12.4 - 10.9 - 11.3 - 11.3 - 11.5 - 11.0 - 11.6 - 11.7

先週、先々週と土日でクリストフ・ルメール騎手が重賞制覇を果たすことになった中央競馬でしたが、富士Sでクリストフ・ルメール騎手がコンビを組んだのは、2016年のシンザン記念優勝馬であるロジクライでした。ロジクライはシンザン記念後に長期休養を余儀なくされ、一度は準オープン馬に降級していましたが、今年に入って2勝をマークしており、今回のレースで3勝目をマークすることとなりました。5歳馬による富士S制覇は2013年のダノンシャークに次いで6頭目となりましたが、ロジクライと同様に世代限定の重賞勝ちがありながら古馬混合重賞初制覇が5歳時の富士Sだったアドマイヤマックスは後にG1の高松宮記念を制しており、ロジクライにもG1制覇のチャンスは十分にあると言えます。
スポンサーサイト


テーマ:レース回顧 - ジャンル:ギャンブル

レース回顧(予想レース以外) | 22:57:19 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad