FC2ブログ
 
■プロフィール

まつり駿楽

Author:まつり駿楽
血統、ベストパフォーマンス、実績の関係性を重視した競馬予想とクラシックの展望などをしています。2012年2月3日よりキルトクール株式会社の神官として入社し、twitterやmixiを密かに更新中。fc2小説ページにて執筆活動も展開しています。

http://twitter.com/MATSURIshunraku

http://mixi.jp/show_profile.pl?id=10577262

http://novel.fc2.com/user/7234617/

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

実験予想・2018年#14 「第56回アルゼンチン共和国杯」
今週の日曜日には京都競馬場でJBC三競走が組まれていますが、東京競馬場では例年通りアルゼンチン共和国杯が行われます。有馬記念と同じ芝2500m戦で行われる中で、ここ3年続けて勝ち馬がG1馬となっていますが、今年はどうなるでしょうか。

※第56回アルゼンチン共和国杯の”大黒柱”

6年連続連対馬輩出中の”東京で芝2400m以上の勝ち鞍がある馬”

(2-5-4)

【該当馬】アルバート、ウインテンダネス、ホウオウドリーム、ムイトオブリガード、ルックトゥワイス



さて、今年は出走馬が12頭となる中で、”大黒柱”に該当しているのが5頭いますが、過去に勝利まで手が届いた2頭は、いずれも年内の東京芝2400m以上の勝ち鞍があった4歳馬でした。その意味においては、現在東京芝2400m戦で3連勝中のムイトオブリガードが最上位評価で、4年連続となる「優勝馬が後のG1馬」という流れを期待してみようと思います。



単勝

ムイトオブリガード

ワイド・馬単ボックス

ウインテンダネス、ホウオウドリーム、ムイトオブリガード、ルックトゥワイス
スポンサーサイト


テーマ:中央競馬(JRA)予想 - ジャンル:ギャンブル

実験予想・2018年 | 21:50:20 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad