FC2ブログ
 
■プロフィール

まつり駿楽

Author:まつり駿楽
血統、ベストパフォーマンス、実績の関係性を重視した競馬予想とクラシックの展望などをしています。2012年2月3日よりキルトクール株式会社の神官として入社し、twitterやmixiを密かに更新中。fc2小説ページにて執筆活動も展開しています。

http://twitter.com/MATSURIshunraku

http://mixi.jp/show_profile.pl?id=10577262

http://novel.fc2.com/user/7234617/

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

11月3日の重賞回顧
昨日は東西合わせて4つの重賞が組まれていた中央競馬でしたが、一昨日には東西で2歳重賞が組まれていました。どちらのレースも先のG1に向けては200m短いレースで、近年はさほど重要視されてこなくなってきたようにも思えますが、今年はどういった戦いが繰り広げられたのでしょうか。

※第54回京王杯2歳S

1着・ファンタジスト(父ロードカナロア)

2着・アウィルアウェイ(父ジャスタウェイ)

3着・カルリーノ(父マツリダゴッホ)

ラップタイム・12.9 - 12.2 - 12.9 - 13.2 - 11.7 - 10.8 - 11.0

中山芝1200m戦として行われた2002年以来となる一桁頭数のレースとなった京王杯2歳S。前半800mの通過タイムが51秒2で、長い距離に対応するための折り合いを試す一戦になった趣がありましたが、上位2頭は新馬、オープンクラスと無傷の連勝を飾ってきた馬たちで、勝ったファンタジストは小倉2歳S以来となる実戦から勝利を果たすことになりました。京王杯2歳Sを制して3戦3勝となったのは2012年の優勝馬であるエーシントップと同じですが、こちらは初年度産駒から3歳牝馬三冠馬を輩出したロードカナロアを父に持つ馬で、まだまだ先々に楽しみがあるように感じています。

※第23回ファンタジーS

1着・ダノンファンタジー(父ディープインパクト)

2着・ベルスール(父スウェプトオーヴァーボード)

3着・ジュランビル(父キンシャサノキセキ)

ラップタイム・12.4 - 11.3 - 11.8 - 12.1 - 11.5 - 11.3 - 11.4

こちらは枠連が発売される9頭立てのレースとなった2歳牝馬限定のG3・ファンタジーS。このレースが一桁の出走頭数にとどまったのは1996年の第1回以来となる出来事でしたが、勝ったダノンファンタジーは2年前の優勝馬ミスエルテと同様に阪神芝1600m戦で初勝利をマークした後のファンタジーS制覇となりました。ファンタジーS制覇からG1制覇に繋げられたのは過去に5頭いるものの、直近のアストンマーチャンを除いた4頭は1400m戦の連勝という形で結果を残しており、距離短縮で連勝を重ねることとなったダノンファンタジーにとっては少々不穏なデータとなります。
スポンサーサイト


テーマ:レース回顧 - ジャンル:ギャンブル

レース回顧(予想レース以外) | 06:30:51 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad