FC2ブログ
 
■プロフィール

まつり駿楽

Author:まつり駿楽
血統、ベストパフォーマンス、実績の関係性を重視した競馬予想とクラシックの展望などをしています。2012年2月3日よりキルトクール株式会社の神官として入社。fc2小説ページの他、2019年11月2日より「駿楽牧場」にて執筆活動も展開しています。

http://twitter.com/MATSURIshunraku

http://mixi.jp/show_profile.pl?id=10577262

http://novel.fc2.com/user/7234617/

http://shunraku-bokujou.ldblog.jp/

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

24th forecast 「第71回皐月賞」
◎・ナカヤマナイト

○・ステラロッサ

▲・トーセンラー

△・サダムパテック

△・ベルシャザール

注・リベルタス

(参考記事・皐月賞展望 「”3つ目の”東京芝2000m重賞」


中山春の最終開催から東京春のこけら落としへと変わった今年の皐月賞。外枠不利とされる東京芝2000mというコースに加え、レース前日に雨が降り、ますますインコース有利、先行馬天国という趣もあります。

そうした中で前日のフローラSを制したバウンシーチューンは父ステイゴールド、母父トニービンという、開幕週にふさわしいディクタス、トニービンの血を持つ馬でしたが、本命馬はディクタスを、対抗馬はトニービンをそれぞれ父の母父に持ち、ノーザンダンサーのクロス持ち。7戦3勝で複勝率100%、前走共同通信杯勝ちの東京コース3戦2勝馬で芝1800m戦で2勝と実績的に隙が見当たらないナカヤマナイトを上位評価としましたが、さほど差があるわけではありません。

三番手にはきさらぎ賞を制したディープインパクト産駒トーセンラー。16番枠とかなり不利なところからのスタートであるのがネックですが、姉のブルーミングアレーは昨年のフローラS3着で、芝1800mを2戦2勝と姉そっくり。きさらぎ賞で3コーナー5番手から33秒4の脚を使っているようにある程度先行しながら鋭い決め手を使えるのも心強い限りです。

あとはサダムパテックとベルシャザールとリベルタスが狙いの1頭。特にリベルタスに関しては兄が2006年にダービー馬2頭に先着したレゴラスで、東京芝2000mと関係性の強い有馬記念適性から考えれば油断のできない1頭です。サダムパテックには岩田康誠騎手の皐月賞三連覇がかかっていますが、血統的には上位3頭と比べてやや非力。一方ベルシャザールに関しては母系から来るノーザンダンサーの血がマイナー筋であるのが気になるものの、「父キングカメハメハ、母父サンデーサイレンス」自体は今回の条件はベストなものと言えます。



単勝

ナカヤマナイト

ステラロッサ

トーセンラー

複勝

リベルタス

三連複

◎○▲-◎○▲-△△注

ナカヤマナイト-ステラロッサ-トーセンラー

三連単

ナカヤマナイト→ステラロッサ→サダムパテック

ナカヤマナイト→トーセンラー→リベルタス

ステラロッサ→ナカヤマナイト→ベルシャザール

ステラロッサ→トーセンラー→サダムパテック

トーセンラー→ナカヤマナイト→リベルタス

トーセンラー→ステラロッサ→ナカヤマナイト
スポンサーサイト





テーマ:競馬予想 - ジャンル:ギャンブル

レース予想(2013年以前) | 12:35:57 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する