FC2ブログ
 
■プロフィール

まつり駿楽

Author:まつり駿楽
血統、ベストパフォーマンス、実績の関係性を重視した競馬予想とクラシックの展望などをしています。2012年2月3日よりキルトクール株式会社の神官として入社。fc2小説ページの他、2019年11月2日より「駿楽牧場」にて執筆活動も展開しています。

http://twitter.com/MATSURIshunraku

http://mixi.jp/show_profile.pl?id=10577262

http://novel.fc2.com/user/7234617/

http://shunraku-bokujou.ldblog.jp/

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

【1頭】 第55回札幌記念回顧【一部追記有】
G1馬4頭の参戦があった今年の札幌記念。1着から5着までの中で2着以外のところにG1馬が入り込み、格が重視されたレースになりましたが、優勝したのは昨年の有馬記念優勝馬であるブラストワンピースでした。

1着・ブラストワンピース(父ハービンジャー)

2着・サングレーザー(父ディープインパクト)

3着・フィエールマン(父ディープインパクト)

(予想記事・実験予想・2019年#6 「第55回札幌記念」

ラップタイム・12.6 - 11.0 - 12.5 - 12.0 - 11.8 - 12.1 - 12.0 - 12.0 - 11.9 - 12.2

※”大黒柱”の結果

5年連続優勝馬輩出中の”父が日本ダービー馬で、自身は札幌重賞初出走”

3着以内入線馬・1頭、最高着順・3着(フィエールマン)

今年は札幌開催のものとしては2012年以来となる、日本ダービー馬以外の種牡馬を父を持つ馬が勝利することとなった札幌記念。日本ダービー馬を父に持つ馬の中で最上位だったのが昨年の札幌記念優勝馬であるサングレーザーでしたが、サングレーザーは昨年と同様に安田記念5着からの参戦で結果を残しており、今回勝利を収めたブラストワンピースも、昨年の連対馬2頭と同様に前走東京芝重賞で敗戦した馬ということで、東京芝で良い結果を残せなかった馬を重視していくのが大事なポイントだったのかもしれません。一方で、”札幌重賞初出走”という部分に関しては6年連続優勝馬輩出という形になり、来年以降の予想ではこの部分を生かしていきたいと思います。

なお、単勝勝負で指名したワグネリアンは4着に敗れましたが、今回の敗戦を受けて右回りの芝2000m戦は(0-1-1-2)となったのに対し、それ以外の条件では(5-0-0-0)となっており、見限るのは危険なように思われます。
スポンサーサイト





テーマ:レース回顧 - ジャンル:ギャンブル

レース回顧(予想レース) | 20:54:34 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する